子育て心理学

【思春期☆やる気と…

佐藤麻依子インストラクターの講座
思春期☆やる気と自信育て講座
講師名:佐藤麻依子

 



講座の
主な
内容

【思春期☆やる気と自信育て講座】

  • 子どものタイプ別、ココロ貯金の効果的な貯め方術
  • ママのタイプ別、ココロ貯金の効果的な貯め方術
  • 実践的!子どもの話が十分聴けない時の対応法
場所

オンライン(ZOOM)

開催日

①7月 19日(火)10:00~12:00

②2回目開催は相談の上決定

受講料

24,200円(税込)

定員 2名(1名から開催)
お申込み お申し込みはこちらから

【イヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期の悩みを解決します!】

こんにちは!
イヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期ママを応援!
子育て心理学インストラクターの佐藤麻依子(さとうまいこ)です。

感覚過敏の傾向がある大学院2年生の男の子と、
繊細で敏感な特性(HSC)を持つ大学1年生の男の子のママです。

私が子育てのコミュニケーション方法を学び始めたきっかけ。
それは、「子どもを叱りすぎて、長男を不眠症、次男を情緒不安定にしてしまった」から。
(当時長男6歳、次男2歳)

私は親として、「子どもになめられてはいけない」「叱ってでも言うことを聞かせる」
「わがままは絶対に許さない」というとても厳しいしつけをしていました。

すると、
長男には「お母さんに怒られたことが心に残って眠れない」と言われ、
次男は、叱ると何度も何度も手を洗い、何度も何度もトイレに行くように。

長男は匂いに敏感で、着る服や身の周り、家の中の匂いなどをとても気にする子。
いつも清潔な服や環境を整えておくのに気を使う必要がありました。
私はそんな彼を「気にしすぎなんだよ!」とよく叱っていました。

次男は他人の感情に敏感で、叱られると極度に怯え、自分に自信のない子でした。
持ち物はいつも同じもの、行動は決まったパターンで進まないとプチパニックに。
小学校2年生と3年生のときの担任からは、「自己肯定感が低すぎてとても心配です」と言われるほど。

「このままでは、私が子どもたちをダメにしてしまう」

そう思ったら、強烈な不安が私を襲いました。
一生懸命子育てをしているのに、まったくうまくいっていない。
どうしてなんだろう。なんとかしなければ。

私は、本やネットで子育てを学び始めました。
子育ての講座もたくさん受講しました。
そして、ある子育ての協会のインストラクターになりました。
その後、さらに知識を深めたくて子育て心理学協会のカウンセラーに。

17年もの活動の中で、私は学んだメソッドを息子たちに実践してきました。
すると、少しずつ子どものやる気と自信を引き出せるように。

2年生と3年生の担任から自己肯定感が低いと言われた次男は、
4年生の担任との面談で「心技体3つ揃ったすばらしい息子さんです」
と言われるまでに。涙が出るほどうれしかったのを覚えています。

長男は中学受験も大学受験も第1志望とはならず、残念な結果に。
でも、そこでくじけることなく、大学院受験で外部の大学院に挑戦。
そして無事に東大大学院に合格。
困難にも負けない強い心を育てることができました。

このように、ココロ貯金を実践すると、子どもが少しずつ変っていきます。
子どもが変わると、子どもを叱ることが減ってきます。

すると、対応が難しいイヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期でも、
おだやかに過ごせるように。

私は、もう何年も子どもを叱っていません。
というより、子どもが変わってくれるので、叱る必要がなくなるんです。
親子関係が良好になり、わが家では反抗期もありませんでした。

また、私の強みは「中学受験の悩みを抱えたママをサポートできる」こと。

息子2人の中学受験を経験し、「勉強しなさい」と言わずに受験を乗り越えました。
(これはあり得ないほど難しい!でも本当なんです!)

特に次男は「中学受験、めっちゃ楽しかった。もう一度やりたい!」
と言うほどハッピーなものになりました。

子どもはあっという間に成長します。

つらく苦しい子育てでずっと悩み続けているよりも、
専門家に学んで楽しい子育てに変えるほうがハッピーになれます。

イヤイヤ期、反抗期、思春期で悩んでいるあなたも、
中学受験の親子バトルで悩んでいるあなたも、
一緒にココロ貯金を学んでみませんか?

佐藤麻依子

 
  
 
 
  
子育て心理学

【思春期☆やる気と…

佐藤麻依子インストラクターの講座
思春期☆やる気と自信育て講座
講師名:佐藤麻依子

 



講座の
主な
内容

【思春期☆やる気と自信育て講座】

  • 子どものタイプ別、ココロ貯金の効果的な貯め方術
  • ママのタイプ別、ココロ貯金の効果的な貯め方術
  • 実践的!子どもの話が十分聴けない時の対応法
場所

オンライン(ZOOM)

開催日

①7月 14日(木)10:00~12:00

②2回目開催は相談の上決定

受講料

24,200円(税込)

定員 2名(1名から開催)
お申込み お申し込みはこちらから

【イヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期の悩みを解決します!】

こんにちは!
イヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期ママを応援!
子育て心理学インストラクターの佐藤麻依子(さとうまいこ)です。

感覚過敏の傾向がある大学院2年生の男の子と、
繊細で敏感な特性(HSC)を持つ大学1年生の男の子のママです。

私が子育てのコミュニケーション方法を学び始めたきっかけ。
それは、「子どもを叱りすぎて、長男を不眠症、次男を情緒不安定にしてしまった」から。
(当時長男6歳、次男2歳)

私は親として、「子どもになめられてはいけない」「叱ってでも言うことを聞かせる」
「わがままは絶対に許さない」というとても厳しいしつけをしていました。

すると、
長男には「お母さんに怒られたことが心に残って眠れない」と言われ、
次男は、叱ると何度も何度も手を洗い、何度も何度もトイレに行くように。

長男は匂いに敏感で、着る服や身の周り、家の中の匂いなどをとても気にする子。
いつも清潔な服や環境を整えておくのに気を使う必要がありました。
私はそんな彼を「気にしすぎなんだよ!」とよく叱っていました。

次男は他人の感情に敏感で、叱られると極度に怯え、自分に自信のない子でした。
持ち物はいつも同じもの、行動は決まったパターンで進まないとプチパニックに。
小学校2年生と3年生のときの担任からは、「自己肯定感が低すぎてとても心配です」と言われるほど。

「このままでは、私が子どもたちをダメにしてしまう」

そう思ったら、強烈な不安が私を襲いました。
一生懸命子育てをしているのに、まったくうまくいっていない。
どうしてなんだろう。なんとかしなければ。

私は、本やネットで子育てを学び始めました。
子育ての講座もたくさん受講しました。
そして、ある子育ての協会のインストラクターになりました。
その後、さらに知識を深めたくて子育て心理学協会のカウンセラーに。

17年もの活動の中で、私は学んだメソッドを息子たちに実践してきました。
すると、少しずつ子どものやる気と自信を引き出せるように。

2年生と3年生の担任から自己肯定感が低いと言われた次男は、
4年生の担任との面談で「心技体3つ揃ったすばらしい息子さんです」
と言われるまでに。涙が出るほどうれしかったのを覚えています。

長男は中学受験も大学受験も第1志望とはならず、残念な結果に。
でも、そこでくじけることなく、大学院受験で外部の大学院に挑戦。
そして無事に東大大学院に合格。
困難にも負けない強い心を育てることができました。

このように、ココロ貯金を実践すると、子どもが少しずつ変っていきます。
子どもが変わると、子どもを叱ることが減ってきます。

すると、対応が難しいイヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期でも、
おだやかに過ごせるように。

私は、もう何年も子どもを叱っていません。
というより、子どもが変わってくれるので、叱る必要がなくなるんです。
親子関係が良好になり、わが家では反抗期もありませんでした。

また、私の強みは「中学受験の悩みを抱えたママをサポートできる」こと。

息子2人の中学受験を経験し、「勉強しなさい」と言わずに受験を乗り越えました。
(これはあり得ないほど難しい!でも本当なんです!)

特に次男は「中学受験、めっちゃ楽しかった。もう一度やりたい!」
と言うほどハッピーなものになりました。

子どもはあっという間に成長します。

つらく苦しい子育てでずっと悩み続けているよりも、
専門家に学んで楽しい子育てに変えるほうがハッピーになれます。

イヤイヤ期、反抗期、思春期で悩んでいるあなたも、
中学受験の親子バトルで悩んでいるあなたも、
一緒にココロ貯金を学んでみませんか?

佐藤麻依子

 
  
 
 
  
子育て心理学

やる気と自信育て講…

佐藤麻依子インストラクターの講座
やる気と自信育て講座【スピードベーシック】
講師名:佐藤麻依子

 



講座の
主な
内容

【やる気と自信育て講座】

  • 子どものタイプ別、ココロ貯金の効果的な貯め方術
  • ママのタイプ別、ココロ貯金の効果的な貯め方術
  • 実践的!子どもの話が十分聴けない時の対応法
場所

オンライン(ZOOM)

開催日

①4月 28日(木)10:00~12:00

②2回目開催は相談の上決定

受講料

24,200円(税込)

定員 4名(1名から開催)
お申込み お申し込みはこちらから

【イヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期の悩みを解決できます】

こんにちは。「○○期」の悩みならお任せください。
子育て心理学協会インストラクターの佐藤麻依子(さとうまいこ)です。

感覚過敏の傾向がある大学4年生の男の子と、
繊細で敏感な特性(HSC)を持つ高校3年生の男の子のママです。

私が子育てのコミュニケーション方法を学び始めたきっかけ。
それは、「子どもを叱りすぎて、長男を不眠症、次男を情緒不安定にしてしまった」から。
(当時長男6歳、次男2歳)

私は親として、「子どもになめられてはいけない」「叱ってでも言うことを聞かせる」
「わがままは絶対に許さない」というとても厳しいしつけをしていました。

すると、
長男には「お母さんに怒られたことが心に残って眠れない」と言われ、
次男は、叱ると何度も何度も手を洗い、何度も何度もトイレに行くように。

長男は匂いに敏感で、着る服や身の周り、家の中の匂いなどをとても気にする子。
いつも清潔な服や環境を整えておくのに気を使う必要がありました。
私はそんな彼を「気にしすぎなんだよ!」とよく叱っていました。

次男は他人の感情に敏感で、叱られると極度に怯え、自分に自信のない子でした。
持ち物はいつも同じもの、行動は決まったパターンで進まないとプチパニックに。
小学校2年生と3年生のときの担任からは、「自己肯定感が低すぎてとても心配です」と言われるほど。

「このままでは、私が子どもたちをダメにしてしまう」

そう思ったら、強烈な不安が私を襲いました。
一生懸命子育てをしているのに、まったくうまくいっていない。
どうしてなんだろう。なんとかしなければ。

私は、本やネットで子育てを学び始めました。
子育ての講座もたくさん受講しました。
そして、ある子育ての協会のインストラクターになりました。
その後、さらに知識を深めたくて子育て心理学協会のインストラクターに。

15年ものインストラクター活動の中で、
私は学んだメソッドを息子たちに実践してきました。
すると、少しずつ子どものやる気と自信を引き出せるように。

2年生と3年生の担任から自己肯定感が低いと言われた次男は、
4年生の担任との面談で「心技体3つ揃ったすばらしい息子さんです」
と言われるまでに。涙が出るほどうれしかったのを覚えています。

長男は中学受験も大学受験も第1志望とはならず、残念な結果に。
でも、そこでくじけることなく、大学院受験で外部の大学院に挑戦。
そして無事に東大大学院に合格。
困難にも負けない強い心を育てることができました。

このように、ココロ貯金を実践すると、子どもが少しずつ変っていきます。
子どもが変わると、子どもを叱ることが減ってきます。

すると、対応が難しいイヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期でも、
おだやかに過ごせるように。

私も、もう何年も子どもを叱っていません。
というより、子どもが変わってくれるので、叱る必要がなくなるんです。
親子関係が良好になり、わが家では反抗期もありませんでした。

また、私の強みとしては「中学受験の悩みを抱えたママをサポートできる」こと。

息子2人の中学受験を経験し、「勉強しなさい」と言わずに受験を乗り越えました。
(これはあり得ないほど難しい!でも本当なんです!)

特に次男は「中学受験、めっちゃ楽しかった。もう一度やりたい!」
と言うほどハッピーなものになりました。

子どもはあっという間に成長します。

つらく苦しい子育てでずっと悩み続けているよりも、
専門家に学んで楽しい子育てに変える方が幸せになれます。

イヤイヤ期、反抗期、思春期で悩んでいるあなたも、
中学受験の親子バトルで悩んでいるあなたも、
一緒にココロ貯金を学んでみませんか?

あなたの力になれたらうれしいです。

佐藤麻依子

 
  
 
 
  
子育て心理学

やる気と自信育て講…

佐藤麻依子インストラクターの講座
やる気と自信育て講座【スピードベーシック】
講師名:佐藤麻依子

 



講座の
主な
内容

【やる気と自信育て講座】

  • 子どものタイプ別、ココロ貯金の効果的な貯め方術
  • ママのタイプ別、ココロ貯金の効果的な貯め方術
  • 実践的!子どもの話が十分聴けない時の対応法
場所

オンライン(ZOOM)

開催日

①12月 3日(金)10:00~12:00

②2回目開催は相談の上決定

受講料

24,200円(税込)

定員 4名(1名から開催)
お申込み お申し込みはこちらから

 

【イヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期の悩みを解決できます】

こんにちは。「○○期」の悩みならお任せください。
子育て心理学協会インストラクターの佐藤麻依子(さとうまいこ)です。

感覚過敏の傾向がある大学4年生の男の子と、
繊細で敏感な特性(HSC)を持つ高校3年生の男の子のママです。

私が子育てのコミュニケーション方法を学び始めたきっかけ。
それは、「子どもを叱りすぎて、長男を不眠症、次男を情緒不安定にしてしまった」から。
(当時長男6歳、次男2歳)

私は親として、「子どもになめられてはいけない」「叱ってでも言うことを聞かせる」
「わがままは絶対に許さない」というとても厳しいしつけをしていました。

すると、
長男には「お母さんに怒られたことが心に残って眠れない」と言われ、
次男は、叱ると何度も何度も手を洗い、何度も何度もトイレに行くように。

長男は匂いに敏感で、着る服や身の周り、家の中の匂いなどをとても気にする子。
いつも清潔な服や環境を整えておくのに気を使う必要がありました。
私はそんな彼を「気にしすぎなんだよ!」とよく叱っていました。

次男は他人の感情に敏感で、叱られると極度に怯え、自分に自信のない子でした。
持ち物はいつも同じもの、行動は決まったパターンで進まないとプチパニックに。
小学校2年生と3年生のときの担任からは、「自己肯定感が低すぎてとても心配です」と言われるほど。

「このままでは、私が子どもたちをダメにしてしまう」

そう思ったら、強烈な不安が私を襲いました。
一生懸命子育てをしているのに、まったくうまくいっていない。
どうしてなんだろう。なんとかしなければ。

私は、本やネットで子育てを学び始めました。
子育ての講座もたくさん受講しました。
そして、ある子育ての協会のインストラクターになりました。
その後、さらに知識を深めたくて子育て心理学協会のインストラクターに。

15年ものインストラクター活動の中で、
私は学んだメソッドを息子たちに実践してきました。
すると、少しずつ子どものやる気と自信を引き出せるように。

2年生と3年生の担任から自己肯定感が低いと言われた次男は、
4年生の担任との面談で「心技体3つ揃ったすばらしい息子さんです」
と言われるまでに。涙が出るほどうれしかったのを覚えています。

長男は中学受験も大学受験も第1志望とはならず、残念な結果に。
でも、そこでくじけることなく、大学院受験で外部の大学院に挑戦。
そして無事に東大大学院に合格。
困難にも負けない強い心を育てることができました。

このように、ココロ貯金を実践すると、子どもが少しずつ変っていきます。
子どもが変わると、子どもを叱ることが減ってきます。

すると、対応が難しいイヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期でも、
おだやかに過ごせるように。

私も、もう何年も子どもを叱っていません。
というより、子どもが変わってくれるので、叱る必要がなくなるんです。
親子関係が良好になり、わが家では反抗期もありませんでした。

また、私の強みとしては「中学受験の悩みを抱えたママをサポートできる」こと。

息子2人の中学受験を経験し、「勉強しなさい」と言わずに受験を乗り越えました。
(これはあり得ないほど難しい!でも本当なんです!)

特に次男は「中学受験、めっちゃ楽しかった。もう一度やりたい!」
と言うほどハッピーなものになりました。

子どもはあっという間に成長します。

つらく苦しい子育てでずっと悩み続けているよりも、
専門家に学んで楽しい子育てに変える方が幸せになれます。

イヤイヤ期、反抗期、思春期で悩んでいるあなたも、
中学受験の親子バトルで悩んでいるあなたも、
一緒にココロ貯金を学んでみませんか?

あなたの力になれたらうれしいです。

佐藤麻依子

 
  
 
 
  
子育て心理学

やる気と自信育て講…

佐藤麻依子インストラクターの講座
やる気と自信育て講座【スピードベーシック】
講師名:佐藤麻依子

 



講座の
主な
内容

【やる気と自信育て講座】

  • 子どものタイプ別、ココロ貯金の効果的な貯め方術
  • ママのタイプ別、ココロ貯金の効果的な貯め方術
  • 実践的!子どもの話が十分聴けない時の対応法
場所

オンライン(ZOOM)

開催日

①11月 26日(金) 10:00~12:00

②2回目開催は相談の上決定

受講料

24,200円(税込)

定員 4名(1名から開催)
お申込み お申し込みはこちらから

 

【イヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期の悩みを解決できます】

こんにちは。「○○期」の悩みならお任せください。
子育て心理学協会インストラクターの佐藤麻依子(さとうまいこ)です。

感覚過敏の傾向がある大学4年生の男の子と、
繊細で敏感な特性(HSC)を持つ高校3年生の男の子のママです。

私が子育てのコミュニケーション方法を学び始めたきっかけ。
それは、「子どもを叱りすぎて、長男を不眠症、次男を情緒不安定にしてしまった」から。
(当時長男6歳、次男2歳)

私は親として、「子どもになめられてはいけない」「叱ってでも言うことを聞かせる」
「わがままは絶対に許さない」というとても厳しいしつけをしていました。

すると、
長男には「お母さんに怒られたことが心に残って眠れない」と言われ、
次男は、叱ると何度も何度も手を洗い、何度も何度もトイレに行くように。

長男は匂いに敏感で、着る服や身の周り、家の中の匂いなどをとても気にする子。
いつも清潔な服や環境を整えておくのに気を使う必要がありました。
私はそんな彼を「気にしすぎなんだよ!」とよく叱っていました。

次男は他人の感情に敏感で、叱られると極度に怯え、自分に自信のない子でした。
持ち物はいつも同じもの、行動は決まったパターンで進まないとプチパニックに。
小学校2年生と3年生のときの担任からは、「自己肯定感が低すぎてとても心配です」と言われるほど。

「このままでは、私が子どもたちをダメにしてしまう」

そう思ったら、強烈な不安が私を襲いました。
一生懸命子育てをしているのに、まったくうまくいっていない。
どうしてなんだろう。なんとかしなければ。

私は、本やネットで子育てを学び始めました。
子育ての講座もたくさん受講しました。
そして、ある子育ての協会のインストラクターになりました。
その後、さらに知識を深めたくて子育て心理学協会のインストラクターに。

15年ものインストラクター活動の中で、
私は学んだメソッドを息子たちに実践してきました。
すると、少しずつ子どものやる気と自信を引き出せるように。

2年生と3年生の担任から自己肯定感が低いと言われた次男は、
4年生の担任との面談で「心技体3つ揃ったすばらしい息子さんです」
と言われるまでに。涙が出るほどうれしかったのを覚えています。

長男は中学受験も大学受験も第1志望とはならず、残念な結果に。
でも、そこでくじけることなく、大学院受験で外部の大学院に挑戦。
そして無事に東大大学院に合格。
困難にも負けない強い心を育てることができました。

このように、ココロ貯金を実践すると、子どもが少しずつ変っていきます。
子どもが変わると、子どもを叱ることが減ってきます。

すると、対応が難しいイヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期でも、
おだやかに過ごせるように。

私も、もう何年も子どもを叱っていません。
というより、子どもが変わってくれるので、叱る必要がなくなるんです。
親子関係が良好になり、わが家では反抗期もありませんでした。

また、私の強みとしては「中学受験の悩みを抱えたママをサポートできる」こと。

息子2人の中学受験を経験し、「勉強しなさい」と言わずに受験を乗り越えました。
(これはあり得ないほど難しい!でも本当なんです!)

特に次男は「中学受験、めっちゃ楽しかった。もう一度やりたい!」
と言うほどハッピーなものになりました。

子どもはあっという間に成長します。

つらく苦しい子育てでずっと悩み続けているよりも、
専門家に学んで楽しい子育てに変える方が幸せになれます。

イヤイヤ期、反抗期、思春期で悩んでいるあなたも、
中学受験の親子バトルで悩んでいるあなたも、
一緒にココロ貯金を学んでみませんか?

あなたの力になれたらうれしいです。

佐藤麻依子

 
  
 
 
  
子育て心理学

ココロ貯金®︎入門…

佐藤麻依子インストラクターの講座
講座名:ココロ貯金®︎入門講座【スピードマスター】オンライン
講師名:佐藤麻依子

 

講座の

主な内容

  • ココロ貯金とは?
  • 話の聴き方とは?
  • 子育てのハンドルを持とう! 
場 所

自宅パソコン(ZOOM)

開催日

11月13日(土)21時半~23時

受講料 3,300円(税込) 
定 員

4名(1名から開催)

お申込み

【イヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期の悩みを解決できます】

こんにちは。「○○期」の悩みならお任せください。
子育て心理学協会インストラクターの佐藤麻依子(さとうまいこ)です。

感覚過敏の傾向がある大学4年生の男の子と、
繊細で敏感な特性(HSC)を持つ高校3年生の男の子のママです。

私が子育てのコミュニケーション方法を学び始めたきっかけ。
それは、「子どもを叱りすぎて、長男を不眠症、次男を情緒不安定にしてしまった」から。
(当時長男6歳、次男2歳)

私は親として、「子どもになめられてはいけない」「叱ってでも言うことを聞かせる」
「わがままは絶対に許さない」というとても厳しいしつけをしていました。

すると、
長男には「お母さんに怒られたことが心に残って眠れない」と言われ、
次男は、叱ると何度も何度も手を洗い、何度も何度もトイレに行くように。

長男は匂いに敏感で、着る服や身の周り、家の中の匂いなどをとても気にする子。
いつも清潔な服や環境を整えておくのに気を使う必要がありました。
私はそんな彼を「気にしすぎなんだよ!」とよく叱っていました。

次男は他人の感情に敏感で、叱られると極度に怯え、自分に自信のない子でした。
持ち物はいつも同じもの、行動は決まったパターンで進まないとプチパニックに。
小学校2年生と3年生のときの担任からは、「自己肯定感が低すぎてとても心配です」と言われるほど。

「このままでは、私が子どもたちをダメにしてしまう」

そう思ったら、強烈な不安が私を襲いました。
一生懸命子育てをしているのに、まったくうまくいっていない。
どうしてなんだろう。なんとかしなければ。

私は、本やネットで子育てを学び始めました。
子育ての講座もたくさん受講しました。
そして、ある子育ての協会のインストラクターになりました。
その後、さらに知識を深めたくて子育て心理学協会のインストラクターに。

15年ものインストラクター活動の中で、
私は学んだメソッドを息子たちに実践してきました。
すると、少しずつ子どものやる気と自信を引き出せるように。

2年生と3年生の担任から自己肯定感が低いと言われた次男は、
4年生の担任との面談で「心技体3つ揃ったすばらしい息子さんです」
と言われるまでに。涙が出るほどうれしかったのを覚えています。

長男は中学受験も大学受験も第1志望とはならず、残念な結果に。
でも、そこでくじけることなく、大学院受験で外部の大学院に挑戦。
そして無事に東大大学院に合格。
困難にも負けない強い心を育てることができました。

このように、ココロ貯金を実践すると、子どもが少しずつ変っていきます。
子どもが変わると、子どもを叱ることが減ってきます。

すると、対応が難しいイヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期でも、
おだやかに過ごせるように。

私も、もう何年も子どもを叱っていません。
というより、子どもが変わってくれるので、叱る必要がなくなるんです。
親子関係が良好になり、わが家では反抗期もありませんでした。

また、私の強みとしては「中学受験の悩みを抱えたママをサポートできる」こと。

息子2人の中学受験を経験し、「勉強しなさい」と言わずに受験を乗り越えました。
(これはあり得ないほど難しい!でも本当なんです!)

特に次男は「中学受験、めっちゃ楽しかった。もう一度やりたい!」
と言うほどハッピーなものになりました。

子どもはあっという間に成長します。

つらく苦しい子育てでずっと悩み続けているよりも、
専門家に学んで楽しい子育てに変える方が幸せになれます。

イヤイヤ期、反抗期、思春期で悩んでいるあなたも、
中学受験の親子バトルで悩んでいるあなたも、
一緒にココロ貯金を学んでみませんか?

あなたの力になれたらうれしいです。

佐藤麻依子

 
 
子育て心理学

ココロ貯金®︎入門…

佐藤麻依子インストラクターの講座
講座名:ココロ貯金®︎入門講座【スピードマスター】オンライン
講師名:佐藤麻依子

 

講座の

主な内容

  • ココロ貯金とは?
  • 話の聴き方とは?
  • 子育てのハンドルを持とう! 
場 所

自宅パソコン(ZOOM)

開催日

11月12日(金)10時~11時半

受講料 3,300円(税込) 
定 員

4名(1名から開催)

お申込み

【イヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期の悩みを解決できます】

こんにちは。「○○期」の悩みならお任せください。
子育て心理学協会インストラクターの佐藤麻依子(さとうまいこ)です。

感覚過敏の傾向がある大学4年生の男の子と、
繊細で敏感な特性(HSC)を持つ高校3年生の男の子のママです。

私が子育てのコミュニケーション方法を学び始めたきっかけ。
それは、「子どもを叱りすぎて、長男を不眠症、次男を情緒不安定にしてしまった」から。
(当時長男6歳、次男2歳)

私は親として、「子どもになめられてはいけない」「叱ってでも言うことを聞かせる」
「わがままは絶対に許さない」というとても厳しいしつけをしていました。

すると、
長男には「お母さんに怒られたことが心に残って眠れない」と言われ、
次男は、叱ると何度も何度も手を洗い、何度も何度もトイレに行くように。

長男は匂いに敏感で、着る服や身の周り、家の中の匂いなどをとても気にする子。
いつも清潔な服や環境を整えておくのに気を使う必要がありました。
私はそんな彼を「気にしすぎなんだよ!」とよく叱っていました。

次男は他人の感情に敏感で、叱られると極度に怯え、自分に自信のない子でした。
持ち物はいつも同じもの、行動は決まったパターンで進まないとプチパニックに。
小学校2年生と3年生のときの担任からは、「自己肯定感が低すぎてとても心配です」と言われるほど。

「このままでは、私が子どもたちをダメにしてしまう」

そう思ったら、強烈な不安が私を襲いました。
一生懸命子育てをしているのに、まったくうまくいっていない。
どうしてなんだろう。なんとかしなければ。

私は、本やネットで子育てを学び始めました。
子育ての講座もたくさん受講しました。
そして、ある子育ての協会のインストラクターになりました。
その後、さらに知識を深めたくて子育て心理学協会のインストラクターに。

15年ものインストラクター活動の中で、
私は学んだメソッドを息子たちに実践してきました。
すると、少しずつ子どものやる気と自信を引き出せるように。

2年生と3年生の担任から自己肯定感が低いと言われた次男は、
4年生の担任との面談で「心技体3つ揃ったすばらしい息子さんです」
と言われるまでに。涙が出るほどうれしかったのを覚えています。

長男は中学受験も大学受験も第1志望とはならず、残念な結果に。
でも、そこでくじけることなく、大学院受験で外部の大学院に挑戦。
そして無事に東大大学院に合格。
困難にも負けない強い心を育てることができました。

このように、ココロ貯金を実践すると、子どもが少しずつ変っていきます。
子どもが変わると、子どもを叱ることが減ってきます。

すると、対応が難しいイヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期でも、
おだやかに過ごせるように。

私も、もう何年も子どもを叱っていません。
というより、子どもが変わってくれるので、叱る必要がなくなるんです。
親子関係が良好になり、わが家では反抗期もありませんでした。

また、私の強みとしては「中学受験の悩みを抱えたママをサポートできる」こと。

息子2人の中学受験を経験し、「勉強しなさい」と言わずに受験を乗り越えました。
(これはあり得ないほど難しい!でも本当なんです!)

特に次男は「中学受験、めっちゃ楽しかった。もう一度やりたい!」
と言うほどハッピーなものになりました。

子どもはあっという間に成長します。

つらく苦しい子育てでずっと悩み続けているよりも、
専門家に学んで楽しい子育てに変える方が幸せになれます。

イヤイヤ期、反抗期、思春期で悩んでいるあなたも、
中学受験の親子バトルで悩んでいるあなたも、
一緒にココロ貯金を学んでみませんか?

あなたの力になれたらうれしいです。

佐藤麻依子

 
 
子育て心理学

ココロ貯金®︎入門…

佐藤麻依子インストラクターの講座
講座名:ココロ貯金®︎入門講座【スピードマスター】オンライン
講師名:佐藤麻依子

 

講座の

主な内容

  • ココロ貯金とは?
  • 話の聴き方とは?
  • 子育てのハンドルを持とう! 
場 所

自宅パソコン(ZOOM)

開催日

10月23日(土)21時半~23時

受講料 3,300円(税込) 
定 員

4名(1名から開催)

お申込み

【イヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期の悩みを解決できます】

こんにちは。「○○期」の悩みならお任せください。
子育て心理学協会インストラクターの佐藤麻依子(さとうまいこ)です。

感覚過敏の傾向がある大学4年生の男の子と、
繊細で敏感な特性(HSC)を持つ高校3年生の男の子のママです。

私が子育てのコミュニケーション方法を学び始めたきっかけ。
それは、「子どもを叱りすぎて、長男を不眠症、次男を情緒不安定にしてしまった」から。
(当時長男6歳、次男2歳)

私は親として、「子どもになめられてはいけない」「叱ってでも言うことを聞かせる」
「わがままは絶対に許さない」というとても厳しいしつけをしていました。

すると、
長男には「お母さんに怒られたことが心に残って眠れない」と言われ、
次男は、叱ると何度も何度も手を洗い、何度も何度もトイレに行くように。

長男は匂いに敏感で、着る服や身の周り、家の中の匂いなどをとても気にする子。
いつも清潔な服や環境を整えておくのに気を使う必要がありました。
私はそんな彼を「気にしすぎなんだよ!」とよく叱っていました。

次男は他人の感情に敏感で、叱られると極度に怯え、自分に自信のない子でした。
持ち物はいつも同じもの、行動は決まったパターンで進まないとプチパニックに。
小学校2年生と3年生のときの担任からは、「自己肯定感が低すぎてとても心配です」と言われるほど。

「このままでは、私が子どもたちをダメにしてしまう」

そう思ったら、強烈な不安が私を襲いました。
一生懸命子育てをしているのに、まったくうまくいっていない。
どうしてなんだろう。なんとかしなければ。

私は、本やネットで子育てを学び始めました。
子育ての講座もたくさん受講しました。
そして、ある子育ての協会のインストラクターになりました。
その後、さらに知識を深めたくて子育て心理学協会のインストラクターに。

15年ものインストラクター活動の中で、
私は学んだメソッドを息子たちに実践してきました。
すると、少しずつ子どものやる気と自信を引き出せるように。

2年生と3年生の担任から自己肯定感が低いと言われた次男は、
4年生の担任との面談で「心技体3つ揃ったすばらしい息子さんです」
と言われるまでに。涙が出るほどうれしかったのを覚えています。

長男は中学受験も大学受験も第1志望とはならず、残念な結果に。
でも、そこでくじけることなく、大学院受験で外部の大学院に挑戦。
そして無事に東大大学院に合格。
困難にも負けない強い心を育てることができました。

このように、ココロ貯金を実践すると、子どもが少しずつ変っていきます。
子どもが変わると、子どもを叱ることが減ってきます。

すると、対応が難しいイヤイヤ期、反抗期、思春期、受験期でも、
おだやかに過ごせるように。

私も、もう何年も子どもを叱っていません。
というより、子どもが変わってくれるので、叱る必要がなくなるんです。
親子関係が良好になり、わが家では反抗期もありませんでした。

また、私の強みとしては「中学受験の悩みを抱えたママをサポートできる」こと。

息子2人の中学受験を経験し、「勉強しなさい」と言わずに受験を乗り越えました。
(これはあり得ないほど難しい!でも本当なんです!)

特に次男は「中学受験、めっちゃ楽しかった。もう一度やりたい!」
と言うほどハッピーなものになりました。

子どもはあっという間に成長します。

つらく苦しい子育てでずっと悩み続けているよりも、
専門家に学んで楽しい子育てに変える方が幸せになれます。

イヤイヤ期、反抗期、思春期で悩んでいるあなたも、
中学受験の親子バトルで悩んでいるあなたも、
一緒にココロ貯金を学んでみませんか?

あなたの力になれたらうれしいです。

佐藤麻依子

 
 
子育て心理学

子育て心理学®︎【…

松幸均実インストラクターの講座
講座名:子育て心理学®︎【入門講座】オンライン
講師名:福永恵子

 

講座の

主な内容

  • ココロ貯金とは?
  • 話の聴き方とは?
  • 子育てのハンドルを持とう! 
場 所

自宅パソコン(ZOOM)

開催日

①10月21日(水)②10月28日(水)10時~12時

受講料 12,000円(税抜) 
定 員

2名(1名から開催)

お申込み


滋賀県で、3人の男の子を子育て中です。

私は、もともと自分を「これでよし」と思いにくい性格でした。
ずっと変わりたかったけれど、変われずにいました。

「~した方がいい」は、「~しなければならない」
「~しない方がいい」は、「~したらダメ」に勝手に脳内変換し、

自分が作った課題と禁止に囲まれて生きてきました。

自分のできていない所が気になる私は、
子供のできていない所も気になりました。


子供中心の生活をし、母親としてできる事を精一杯頑張るけれど、余裕がなくなり不安を感じると、イライラしました。

指示され、叱られて育った子供達は、失敗に過度に反応するようになりました。

2017年、長男が小学校に入学。
同時に、私の付き添いが必要になりました。近くで全力で応援していても、
「私がしている事は、これでいいのか?」と不安でした。

看護師歴19年を経て、退職。子育て心理学に出会い、
「子育ての正解」を知りました。
そして、私と子供に変化がみられました。

・失敗しても、「まぁ、いいか」と言えるようになりました

・「~が嫌だった」と気持ちを話してくれるようになりました
(書ききれないので、ブログを覗いていただけると嬉しいです)

3人の息子に「母ちゃん大好き」と言ってもらって、
人生最大のモテ期にいます。

子供たちが、私に自分の考え方や生き方を見つめ直すチャンスをくれました。
子育てやココロの学びのなかで、私自身についても沢山の気づきがありました。
ずっとコンプレックスだった「敏感さ」も受け入れられるようになってきました。

そして、同じく、敏感な所をもつ子供の力の部分を見つけられるようになってきました。

子育て中のお母さんは、
お子さんの事も、お母さん自身の事も、
出来ていない所が気になる傾向にあります。

不安になったり、反省したり、
気持ちが大きく揺さぶられる事も多いと思います。

でも、本当は、お子さんもお母さんも、花丸が沢山あるはずです。

つけ忘れた花丸を、一緒につけませんか?
お子さんと、もっと仲良くなりませんか?

精一杯、応援させていただきます。


  福永恵子

 
 
子育て心理学

子育て心理学®︎【…

松幸均実インストラクターの講座
講座名:子育て心理学®︎【入門講座】オンライン
講師名:福永恵子

 

講座の

主な内容

  • ココロ貯金とは?
  • 話の聴き方とは?
  • 子育てのハンドルを持とう! 
場 所

自宅パソコン(ZOOM)

開催日

①10月16日(金)②10月23日(金)10時~12時

受講料 12,000円(税抜) 
定 員

2名(1名から開催)

お申込み


滋賀県で、3人の男の子を子育て中です。

私は、もともと自分を「これでよし」と思いにくい性格でした。
ずっと変わりたかったけれど、変われずにいました。

「~した方がいい」は、「~しなければならない」
「~しない方がいい」は、「~したらダメ」に勝手に脳内変換し、

自分が作った課題と禁止に囲まれて生きてきました。

自分のできていない所が気になる私は、
子供のできていない所も気になりました。


子供中心の生活をし、母親としてできる事を精一杯頑張るけれど、余裕がなくなり不安を感じると、イライラしました。

指示され、叱られて育った子供達は、失敗に過度に反応するようになりました。

2017年、長男が小学校に入学。
同時に、私の付き添いが必要になりました。近くで全力で応援していても、
「私がしている事は、これでいいのか?」と不安でした。

看護師歴19年を経て、退職。子育て心理学に出会い、
「子育ての正解」を知りました。
そして、私と子供に変化がみられました。

・失敗しても、「まぁ、いいか」と言えるようになりました

・「~が嫌だった」と気持ちを話してくれるようになりました
(書ききれないので、ブログを覗いていただけると嬉しいです)

3人の息子に「母ちゃん大好き」と言ってもらって、
人生最大のモテ期にいます。

子供たちが、私に自分の考え方や生き方を見つめ直すチャンスをくれました。
子育てやココロの学びのなかで、私自身についても沢山の気づきがありました。
ずっとコンプレックスだった「敏感さ」も受け入れられるようになってきました。

そして、同じく、敏感な所をもつ子供の力の部分を見つけられるようになってきました。

子育て中のお母さんは、
お子さんの事も、お母さん自身の事も、
出来ていない所が気になる傾向にあります。

不安になったり、反省したり、
気持ちが大きく揺さぶられる事も多いと思います。

でも、本当は、お子さんもお母さんも、花丸が沢山あるはずです。

つけ忘れた花丸を、一緒につけませんか?
お子さんと、もっと仲良くなりませんか?

精一杯、応援させていただきます。


  福永恵子