ブログ

●「甘やかしママ」が子どもをダメにする!?

「甘やかしママ」が子どもをダメにする!?

 

こんにちは、東ちひろです。

 

息子を大事に思うのは当然のこと。

 

でも、「この子に彼女が出来たらショック」「私がOKだという彼女しかダメ」「結婚は許せない」とまでいくといかがなものでしょうか?

 

さらに、その息子を育てる時に「甘やかし」や「溺愛」ということでは、この先心配です。

 

 

 

「甘やかしママ」は、子どもの要求はなんでも聞き入れます

 

「甘やかしママ」は子どもから、「要求されていないこと」も先回りして、どんどん親がやってしまいます。

 

それでは、子どもが自立するチャンスを奪うんです。

 

 

一方、「甘えさせる」のはOK

 

子どもにたくさん触れて、たくさん話を聞くことは、子どもを「甘えさせ」ています。

 

これは、子どものメンタルが安定します。

 

 

たとえば、きょうだいが3人(男の子がひとり、女の子がふたり)がいるとしましょう。

 

そんな時、女の子ふたりは問題なく安定して育つけれど、なぜだか男の子は不安定だったりすることがあるんです。

 

するとね、多くのママは「男の子は乱暴だから仕方がない」とか言います。

 

つまり!

 

ママは女性ですから、男の子そのものの生態がわからないし、「世の中の、男の子はみんなこんなものか!?」と思います。

 

 

さらに、誰かさんから「男の子はみんな暴ん坊よ」と言われると、それを100%鵜呑みしちゃいます。

 

 

じつは、その誰かさんも少ないサンプル(自分の子ども)が暴れん坊だったということを、「世の中のすべての男の子が暴れん坊」と拡大解釈していることもあるんです。

 

 

 

強くて活発な男の子を育てる方法があります

 

まず、「暴れん坊」と「強くて活発な子」は違います。

 

その違いは、子どものメンタル安定度なんですね。

 

「暴れん坊」な子は、心の根っこが不安定。

 

だから、ちょっと誰かに何かを言われただけで、すぐにカッとなり怒りだす。

 

小さいわんこがよく吠えるのは、怖いからなんですね。

 

ということは、不安定な子どもほどよく怒ります。

 

 

 

一方、「強くて活発な子」は、メンタル安定路線。

 

心の軸が安定している子どもなんですね。

 

「強い子」と「やさしい子」って、真逆なような気がするかもしれませんが、じつは、メンタルが安定した男の子は「強くて、やさしい子」なんですね。

 

自分が安定しているから、人にも優しくできるんです。

 

「もっているもの」は、人におすそ分けができるわけ。

 

 

ということで、

 

強くて活発な男の子を育てる方法は、

 

子どもに「もっと強くなりなさい!」ということとは違う。

 

また、子どものお尻を叩くことでもないんです。

 

 

そんな時にはね、しっかりと子どもの味方になって話を聴くといいんです。

 

まるで繁盛している飲み屋のママのように。

 

 

自分の話をしっかりと聴いてもらった子どもは、間違いなく自分に自信をもちます。

 

自信があると、心のブレが少ないので、強くて活発な子どもに育ちます。

 

ついつい、子どもにあれこれ言いたくはなるでしょうが、ママがたくさんおしゃべりすると、子どもが暴走したり、無気力になりますよ。

 

 

「え~、そんなになんでも子どもの話を聞いていたら、図の乗りませんか?」と言われそうですが、

 

大丈夫!

 

メンタルが安定した子どもは、図にも乗らないし、強くて、たくましい子、そしてやさしい子になりますよ。

 


メンタルが安定した子になる「話の聴き方」は、来年こちらの講座でお伝えしていますよ(*^▽^*)

 

 

 

 

ブログ

●帰省中は子どもがわがままになります

 

帰省中は子どもがわがままになります。

こんにちは、東ちひろです。


年末年始、おばあちゃんの家にお子さんと行く方も多いですよね。


するとね、普段よりも子どもがおやんちゃをすることがあります。


その理由は、、、ママの手綱がいつもと違うことがわかるからです。


実家にいる時は、母ではなく娘、夫の実家に行くと母ではなく嫁になります。

そんな立場の違いから、子どもは「今日は怒られないかもしれない」と察知するんです。


子どもって、察知する能力に優れています。

いつもと違うってわかるんですね。 そしてね、いつもよりも子どもがおやんちゃになります。

わがままを言いやすいのですが、それは仕方がありません。

通常の生活に戻ってから、ココロ貯金®をためておいてくださいね。

ママが子どもを大好きと思う気持ちが子どもにしっかりと伝わるとココロ貯金が貯まります。



ココロ貯金の貯め方は、来年こちらの講座でお伝えしていますよ(*^▽^*)

 

 

 

ブログ

●母の「怒り」はどこから来るのか?

●母の「怒り」はどこから来るのか?

 

こんにちは、東ちひろです。

 

毎日、たくさんの方への子育て相談をさせていただいております。

 

すると、お母さん特有の「怒り」傾向が感じられるんです。

 

 

①子どもが自分とまったく違う場合

 

単純に子どもの取扱い方法に悩みます。

 

「自分が子どもの頃は、さっさと宿題をしてから遊んだ」という経験がお母さんのベースにある場合は、わが子といえども、まったく宿題の仕方に違いがあれば、それは違和感を感じます。

 

理解不能、「なんで????」と思います。

 

だから子どもにも「なんで、そんなことをするのー?」といつも言ってしまいます。

 

 

そもそも人間は、同質のものを好む傾向にあります。

同質は、安心するのですね。

 

「声の高さ」とか、「話のスピード」だけでも、自分とまったく違うひとには、違和感をもち、そこから警戒心がうまれることもあります。

 

見知らぬ人の電話によるセールスは、直感的に異質感・違和感を覚えます。

 

それは、一日に大量の人に、同じ内容のセールストークをすることで、声が単調になり、一般的な日常会話のトーンと違ってくるからです。

 

だから、「あやしい」→「即、断る」 になります。

 

 

 

②自分の欠点とわが子の欠点がそっくりな場合

 

わが子の中に、自分の「見たくないもの」を見ることになります。

 

特に欠点・短所の場合は、「自分への腹立ち」「わが子への腹立ち」が重なり、結果的に2倍以上腹が立ちます。

 

そのため、周囲のひとには「なんでそんなに怒るの?」「怒るほどではない」と言われることになります。

 

 

こう思うと、子どもは、自分に似ている場合も、似ていない場合も、どっちも腹が立つわけですね。

 

どうりで、みんな怒るわけです。

 

 

私は、インナーチャイルドセラピー を行っています。

 

セラピーを受けた方には、

 

どんな時期に心が凍りつくほど傷ついたのか、

 

その時、どんな感情を感じていたのか、

 

なぜ、怒り・不安・あせりなどのネガティブ感情が多いのか

 

なぜ、同じことを繰りかえすのか

 

をお伝えしています。

 

 

すると、みなさん

 

「あーーーーーっ!そうなんですね」

 

「だから、腹が立つのですね」

 

と納得されるのです。

 

 

 

ちなみに、私は過去、何回も自分がこのセラピーを受けてきました。

 

お金を払って師匠にしてもらう時と、自分でする時もあります。

 

私は、

 

どんなに努力をしてもうまくいかない時

 

本当に困っている時

 

現状を変えたい時にしています。

 

 

このセラピーは、魔法ではありませんので、「お願いごと」を叶えるものではありません。

 

でも、結果的に状況が変化することもよくあります。

 

だから、私は、日頃は運気アップヒーリングを自分や家族に行い、

 

本当に困ったときは、その大元を癒すインナーチャイルドセラピーを行います。

 


子育て心理相談室*子育ての悩みを解消します!

 

子育て心理学講座マスター講座では、そのインナーチャイルドセラピーも学べて、ご自身でできるようになりますよ。

 

 

 

 

年末のママは、本当に忙しいですね。

 

ご自愛くださいね。東ちひろ

 

 
ブログ

●こんな宿題もわからないの!は禁句

●こんな宿題もわからないの!は禁句

 

こんにちは、子育て心理学協会 東ちひろです。

 

 

「なんで、こんなこともわからないの?」

「なんで、こんなこともできないの?」

 

と思うことはないですか?

 

 

たとえば、小学校2年生の宿題があるとします。

 

 

ママにとったら、超簡単な内容ですよね。

 

 

でも、子どもは「学年相当」の内容を勉強しています。

 

ママが思うように、子どもが『この宿題は超カンタン』なんて思ったら、学校に行く必要はないですよね。

 

 

つまり、小2の子供にとったら、小2の勉強は、自分の実力相当の内容です。

 

だから、そこそこ骨がある勉強なんです。

 

 

それをわからずに

 

「なんで、こんなこともわからないの?」

「なんで、こんなこともできないの?」

 

と言うと、子どもには酷なことなんです。・°・(ノД`)・°・

 

 

もしも、

 

「わが子の勉強はちっとも進まない!」

「こんなこともわからないの?」

 

と思ったら、解決策は1つだけ。

 

 

 

「子どもと一緒に宿題をする」です。

 

 

つまり、子どもの勉強が進んでいないところは、ママがわかりやすく教えてあげるわけです。

 

 

「いつかはやる気になる?」

「自分が困ったらやるようになる」

 

なんて考えない方がいいです。

 

 

 

もちろん自分から勉強をする子もいます。

 

でも、その出現率は極めて低いです。

 

 

およそ、10分の1の確率です。

 

 大事なわが子をそんな低い確率で勝負しない方が得策ですよね。

 

 

 

ただし、ママがガミガミ口調で怒って勉強を教えると、子供は一気に勉強熱が下がります。

 

 

親子は心理的距離が近いです。

 

そのため、お互いに言いたい言いたい放題になりがちです。

 

 

だから、「子どもといっしょに勉強すること」は「修行」なんですね。

 

 

子どもから暴言を吐かれても、怒らないママになる修行です。

 

※うちの講座を継続受講していると、怒らないママも継続しますよ。

 

ママの意識が変わってきますからね。

 

人は低きに流れます。

 

それをセーブするには、講座を継続するといいんです^^

 

ブログ

●「甘えさせる」と「甘やかし」は違います

●「甘えさせる」と「甘やかし」は違います

 

こんにちは、子育て心理学協会 東ちひろです。

 

子どもがこんなことをすることはありませんか?

 

◎おもちゃ売り場で泣いておもちゃを欲しがる

 

◎いつまでもお菓子を欲しがる

 

◎弟・妹の遊び道具を奪い取る

 

これは、NGですよね。

 

 

こんな時は、こう言います。

 

 

・おもちゃ売り場で泣いておもちゃを欲しがる

⇒「おもちゃを欲しがることがダメなの!」

 

・いつまでもお菓子を欲しがる

⇒「夕飯前にお菓子を食べ過ぎることがダメなの」

 

・弟・妹の遊び道具を奪い取る

⇒「弟・妹の遊び道具を取ることがダメなの」

 

《キッパリと短い言葉》で言います。

 

これらは、「行為を叱る」と言って、何がダメなのかを具体的に伝えるといいんです。

 

 

 

ただ、「いい加減にしなさーーい」ではダメなんです。

 

「いい加減」って、どれくらいがOKなの???

 

と子どもはよくわからないのです。

 

 

 

でね、今日のテーマは、「甘えさせる」と「甘やかし」は違うということ。

 

「甘えさせる」のは、子どもが欲しがるだけ与えて大丈夫。

 

「甘えさせる」っていうのは、抱っこでも、おんぶでも、手をつなぐでも、添い寝をするのも、全部ココロ貯金を貯めることなんです。

 

これらは、ぜーーんぶOKです。

 

いや、むしろ情緒が安定した大人になるためには、必要なんですよね。

 

 

一方、

 

・おもちゃ売り場で泣いておもちゃを欲しがる

・いつまでもお菓子を欲しがる

・弟・妹の遊び道具を奪い取る

 

これらは、ずるずるとやらせてはいけません。

 

人としてダメですからね。

 

とはいえ、そんな時も大人が大声で怒鳴ると・・・

 

子どもは怒られたことだけはわかって、何がダメだったのかわからないんです。

 

 

 

だから、「行為を叱る」がいいのです。

 

《何がダメ》なのかを伝えてあげます。

 

それでも子どもが親の言うことをきかない時には・・・

 

子どもの情緒が安定するおクスリ、ココロ貯金が不足しています。

 

 

 

・最近、子どもにハグしていますか?

・最近、子どもの話を最後まで肯定して聴いていますか?

・最近、ママばかりおしゃべりしていませんか?

・最近、子どもを承認していますか?

・最近、子どもの情緒が安定するふれあい方をしていますか?

 

 

 

つまり、子どもではなく《ママがまだできること》があります。

 

まずは、そこをトライしてくださいね。

 

子どもはね、ママの関わり方が変化すると、なんらかの変化を見せます。

 

逆に、まったく変わらない方が難しい。

 

 

 

冬休みまでに、子どもに「ココロ貯金の前払い」しておくといいですよ。

 

 

支払いは、早目にしておくと、受け取り側の機嫌がいいんです。

 

 

 

同じ支払いをするのであれば、子供から請求されてから支払わない方が得策です。

 

早目にポンと支払っておくと、子どもも喜びますので、情緒が安定します。

 

 

お支払いはお早めに。

 

借金を貯め込むと払えなくなりますよ^^;

 

 

【子育てグループ相談会】

~子育てのモヤモヤ・イライラ解消!~

「子育てグループ相談会in東京品川」(12/21)

「子育てグループ相談会in大阪梅田(1/14)

 

【子育て心理学講座】

~子どものやる気と自信を引き出す!~

「子育て心理学講座」in東京・大阪

 

 

 【資格取得】ご興味がおありの方はこちら

 子育て心理学インストラクター

 子育て心理学カウンセラー

 

 【メルマガ】ブログよりも優先的にお得情報ほぼ日配信中

 伸びる子のママになる12の秘訣

 

 【メルマガ】東ちひろが繁盛カウンセラーになる極意伝授

 人気カウンセラーになる12の極意


 【子育て電話相談】

  12月東ちひろの子育て電話相談

  子育て心理学カウンセリング無料モニター

 

《音声教材》 12/25まで

~がんばるママのための~

「感情的にならない10の子育て法」

 

 

《DVD》 12/25まで

 

 LINE@はじめました。

≪頑張るママの「心の癒し」がでできると大好評!≫

子育て心理学協会から、ココロ貯金を貯める子育てのコツ、ママのメンタル安定法、イベント情報などをお送りします。

▼お友達登録してくださいねヽ(^o^)丿

LINE ID @jjf8169h

友だち追加

 

 

 

ブログ

<再受講>1月から3月の東ちひろの子育て心理学講座

東ちひろの「ココロ貯金」子育て心理学講座(再受講)

★「再受講」とは、すでに受講されたことのある方が、同じ講座を再び受講される場合のことです。
東京会場の再受講(各5,400円税込)







<東京>子育て心理学「ココロ貯金®︎」ベーシック講座(再受講) 

 

・[品川]1月25日(木)/1月26日(金)2日間で5,000円(税別)です。どちらかの1日でも5,000円(税別)です。




・[竹橋]1月27日(土)1日間で5,000円(税別)です。


<東京>子育て心理学「ココロ貯金®︎」アドバンス講座(再受講)

・[品川]2月15日(木)/2月16日(金)2日間で5,000円(税別)です。どちらかの1日でも5,000円(税別)です。




・[竹橋]2月17日(土)1日間で5,000円(税別)です。


<東京>子育て心理学「ココロ貯金®︎」マスター講座(再受講)

・[竹橋]3月10日(土)/3月11日(日)1日ごと5,000円(税別)となります。2日間では 10,000円(税別)となります。





 

 

大阪会場の再受講(各5,400円税込)

子育て心理学「ココロ貯金®︎」ベーシック講座(再受講)

・[新大阪]1月28日(日)1日間で5,000円(税別)です。



子育て心理学「ココロ貯金®︎」アドバンス講座(再受講)

・[新大阪]2月25日(日)1日間で5,000円(税別)です。



子育て心理学「ココロ貯金®︎」マスター講座(再受講)

・[新大阪]3月17日(土)/3月18日(日)1日ごと5,000円(税別)となります。2日間では 10,000円(税別)となります。



 



 

 

 

 

ブログ

●子どもは、都合よく大きくなったり小さくなったりし…

●子どもは、都合よく大きくなったり小さくなったりします

 

こんにちは、子育て心理学協会 東ちひろです。

 

今日は、子どもの精神年齢についてです。

 

 

子どもはね、自分に都合がいいように大きくなったり、小さくなったりします。

 

≪小さくなる時≫

・親に甘えたい時

・妹・弟にママ時間を奪われている時

・疲れている時

・眠い時

 

こんな時には、無意識に精神年齢を下げて、親にココロ貯金を貯めてもらおうとたくらんでいます。

 

ということは、こんな時には、子ども怒っても何も変わらないんです。

 

それよりも、ママの愛情を効果的に言葉と行動で伝えます。

急がば回れです。じわじわと効果が出てきますからお子さんの様子を観察しておいてくださいね。

 

 

≪大きくなる時≫

・お年玉をもらう時

・生意気なことを言いたい時

・自分がしたいことを主張する時

 

特に思春期の子どもは一日の中でも「大きくなったり、小さくなったり」します。

 

さっきまで甘えていたと思ったら、急に「うるさいな~」と文句を言います。

 

まるで家の中にジェットコースターがあるような感じですから、コレ本当に親が落ち着きません。

 

 

 

でね、≪小さくなった時≫には、小さい子どものように接してあげるといいんです。

 

「もう、●歳だよ、いい加減にしなさい!」と言ってもいい加減にはしてくれません。

 

 

たとえば、小3の子どもが「ママだっこ~」と言う時には、実年齢が小3だとしても、心のレベルは小1です。

 

だから、小1と思って抱っこしてあげた方が、この時期を早く脱出します。

 

これをね、ママがブツブツ言いながら抱っこすると、労多くして実が少なくなります。

 

だって、この子どもが欲しいのはママの愛情なんですね。

 

ブツブツでは愛情が伝わりません。

 

 

そんな時には、「大事な子だから抱っこしてあ~げ~よ~」って言いながら抱っこしてあげてくださいね。

 

そうすると、労を使いながら、ココロ貯金を貯めることができます。

 

でね、、、

 

ココロ貯金が貯まると、子どものメンタルが整いますから、不必要にママに抱っこと言わなくなりますよ。

 

 

ブログ

●子育てを楽チンにする極意

●子育てを楽チンにする極意

 

こんにちは、子育て心理学協会 東ちひろです。

 

子育てのツラさ、大変さはね、子育ての労力だけではありません。

 

「子どもにママ時間をコントロールされる」

 

これがとてもツライところです。

 

 

 

たとえば、夜4時間しか眠れないとしましょう。

 

それは確かにツライところです。

 

でも、「ママの都合で夜4時間しか眠れない」って時は、まだいいのです。

 

自分で「今日は、4時間睡眠だな」とわかっているから。

 

 

 

子育ての場合は、いつ子どもに起こされるかわからないツラさがあるんです。

 

大事な時間を子どもにコントロールされること、コレがツライのです。

 

 

 

これからの季節で言うと子どもがいつ病気になるかわかりません。

 

となると、いつ仕事を休まないといけないか、いつ病院に連れていかないといけないか、ママが一切コントロールができません。

 

まるで子育てのハンドルを子どもに握られているかのようです。

 

 

 

そして、専業主婦ママの場合は、自分の膨大な時間をすべて子どもに牛耳られることになります。

 

これが、自分が自分でないような感覚になります。

 

まるで、子どもに滅私奉公している気分、透明人間になった感じもするんです

 

そんな生活が長いのが子育てですから、次第に「自分は何がしたのか?」「私は何を感じているのか」もわからなくなるものです。

 

 

 

でね、私が考えたのは、このハンドルをママが取り返すことなんです。

 

子育て心理学講座では、これを「ママハンドル」としてお伝えしています。

 

いつも判断の基準は自分。

 

ママの人生の主役はママなんです。

 

まずは、「私ができることは何があるだろうか?」といつも考えます。

 

「子どもに●●して欲しい」というのではありません。

 

ママができることは何でしょうか?

 

 

 

たとえば、朝ごはんの時間がかかりすぎる子供がいるとしたら・・・

 

子どもを脅して早く食べさせるのではありません。

ワンハンドで食べることができる朝食を作ります。

 

・おにぎり

・サンドイッチ?

・ピザトースト

 

コンビニでよく売っているものにします。

 

 

 

あああ、ココは栄養のバランスは無視しています。

 

まずは、「何を優先するか?」です。

 

そして、ほどほどの時間で朝食が食べられるようになってから・・・・・

 

次第に栄養バランスを考えた朝食にトライします。

 

大事なことは!

 

 

 

【1】「自分(ママ)ができること」は、何かを考える

 

【2】最初は、1点突破からトライする

 

【3】1点突破ができてから、そのクオリティを高める

 

 

実は、子育てを楽チンにする極意は、コドモを伸ばす方法なんです。

 

 

 

~冬休みまでにモヤモヤ解消!~

「子育てグループ相談会in東京品川」(12/21)

 

~子どものやる気と自信を引き出す!~

「子育て心理学講座」in東京・大阪

 

 

 

 

 

ブログ

【音声教材】がんばるママのための!感情的にならない…

【音声教材】がんばるママのための!感情的にならない10の子育て法

 

こんにちは、東ちひろです。

 

あなたはこんな時どうしますか?

 

? 子どもへのイライラが止まらない 

? ママ自身の心の波が大きい

? すぐに不安になってしまう

? 怒鳴った後に後悔する

? 夫へのイライラが止まらない

? 毎日感情が爆発してしまう

? 子どもを立ち上がれないほど怒鳴る

 

あなたがいくら穏やかなママになろうと思っても、不必要に子どもを怒鳴ってしまい、そのあと後悔するとしたら・・・


心穏やかな子育てはできません。

 

また、子どものちょっとした言動に心がザワザワとして不安感がいっぱいになるとしたら・・・・

 

いつも「心配」という気がかりが頭から離れないようになります。

 

これでは、とてもじゃないけれど子育てを楽しむことはできません。

 

 

 

がんばるママだからこそ、イライラします

 

じつは、子どもに「ガミガミ言うママ」、「不安になるママ」は子育てをがんばろうとしている人です。

 

「もっと、子どもによくなって欲しい!」

「私もがんばっている!」

 

という想いがあるからこそ、理想と現実のギャップをストレスに感じます。

   

だから、子どもへの怒り感情や不安感情が出るということは、それだけ子育てをがんばっている証拠と言えます。

 

毎日深夜まで遊び歩いているママは、子育てに無関心だからできるわけです。

 

そんなママは100%自分中心で生きているので、子どもの細かいことに関心を持ちません。

 

ママのガミガミ・クドクド・ネチネチが子どもをダメにします

 

とはいえ、子どもにガミガミ・クドクド・ネチネチと言うと、子どもの情緒が不安定になります。

それは、ママが感情をぶちまけると、子どもは自分を大事にされていないと感じるからです。

 

たとえ、子どもが「悪いこと」をしたとしてもです。

 

親は子どもを怒鳴ることで「子どもにわかって欲しい」と思い、子どもは親に怒鳴られることで、「ママは自分のことを嫌いなんだ」と勘違いをします。

 

そうなると、子育てが『悪循環』になります。

 

 

情緒不安定な子どもになると・・・

 

子どもの情緒が安定していないと、「もっと親に構って欲しい」という欲求が強くなります。

 

これは、親への「見て、見てサイン」なんです。

 

そうなると、残念ながら次から次へと、手を変え品を変え、親の手を取る悪い行動をし始めます。

 

 

 

感情を変えることは難しい

 

「じゃあ、子どもをガミガミと怒鳴らなければいい」と言うことになりますが、これが難航するのです。

 

その理由は、「感情」を変えることはとても難しいからです。

 

いくら頭で「子どもを怒鳴ってはダメ」「不安にならないようにしよう」と思っても・・・

 

ネガティブ感情は勝手にモクモクと湧いてきます。

 

 

 

7つのココロ貯金とは?

 

子どものやる気と自信を引き出すココロ貯金は全部で7つあります。

 

その7番目のココロ貯金は「ガミガミ・クドクド・ネチネチ言わないこと」なんです。

 

つまり、やる気がある子、自信がある子を育てる鍵は、いかにして子どもへのガミガミを抑えるのかということになります。

 

 

そこで、今回の教材(音声)では、「感情的にならない10の子育て法」について具体的にお伝えします。


ママのイライラが減るとこんな子どもに育ちます。

 

? やる気がある子どもになる
? 自信がある子どもになる
? 進んで勉強するようになる
? 先生から「落ち着いています」と言われる
? 成績が上がる
? 下の子に優しくなる
? きょうだい関係がよくなる
? 不登校・行き渋りが改善する
? 発達障害の子どもが落ち着いてくる

 

今回は年末年始で忙しいママのために、DVDではなく、メールアドレスに「音声」をお送りします。

 

子どもが冬休みの間に子育てのDVDは見にくいですよね。(;^_^A

 

この音声は全部で60分ですが、通勤途中でも、家事の合間でも、何回にも分けて聴きやすいように内容を10回に分けて録音しています。

 

だから、途中辞めになっても大丈夫!

 

時間がある時に途中から再度聴くことができます。

 

では、『音声教材』の詳しいご案内です。

 

~がんばるママのための~
「感情的にならない10の子育て法」の内容


【1】子どものやる気を引き出す7つのココロ貯金

【2】感情コントールよりも●●コントロールがお得

【3】 ムダ叱りストップ!子どもを叱る基準
【4】手がかかる子への対応法
【5】子どもの苦手分野は、こう思え!
【6】子どもを伸ばすママがやっていること
【7】あなたのイライラ地雷は何ですか?
【8】ママがコドモに怒鳴り散らした時の対処法
【9】パパがコドモに怒鳴り散らした時の対処法

【10】怒り感情・不安感情を小さくする方法

 

 お申込み方法について

~がんばるママのための~

『感情的にならない10の子育て法』 

     7,000円(消費税別・送料込)

 

 

【1】銀行振込み(事前)の方

・お申込み後【7日以内】に「ロボットペイメント」の指定口座に銀行振込み

・決済金額の先頭に「/」マークが表示されることがあります。

 

【2】クレジットカード決済の方

・ロボットペイメントを通じての決済になります。

・決済金額の先頭に「/」マークが表示されることがあります。

 

<東ちひろの子育て相談改善率>

◎子育ての悩み改善率93%(相談開始1~3か月の状態)
◎行き渋り、不登校の改善率75%(相談開始1か月~1年の状態)
※状況改善には個人差がございます

 

<対象>

◇1歳~小学校6年生まで
(それ以外の年齢にも使えますが、主な事例が小6までです)
◇子どもの自信をアップさせたいママ
◇ママのメンタルを整えたい方

 

<発送について>

・音声教材の代金支払いは、クレジット決済または銀行振込となります。

・音声教材は、ご振込確認後3日から2週間でURLお送りします。

 

・万一、不具合がある場合は、事務局(info@kosodate-up.com)にご連絡願います。

<東ちひろからあなたへのメッセージ>

この音声教材は、今まで私が20年以上の教育に関した仕事と子育ての中で獲得したノウハウです。

 

私は、ひとりでも多くの長男長女が、本来の能力を発揮して、「やる気」と「自信」がある姿になってほしいと思います。


そして、「子どもを育てて、よかった」「子どもがかわいい」と心から思えるママをひとりでも多く増やしてほしいと思います。

 

一般社団法人 子育て心理学協会 代表理事 東ちひろ

 

 

 

 

 

 

特定商取引法に関する表示

 

ブログ

<再受講>1月から3月の東ちひろの子育て心理学講座

東ちひろの「ココロ貯金」子育て心理学講座(再受講)

★「再受講」とは、すでに受講されたことのある方が、同じ講座を再び受講される場合のことです。

 

東京会場の再受講(各5,400円税込)


<東京>子育て心理学「ココロ貯金®︎」ベーシック講座(再受講) 

 

・[品川]1月25日(木)/1月26日(金)2日間で5,000円(税別)です。どちらかの1日でも5,000円(税別)です。

 

・[竹橋]1月27日(土)1日間で5,000円(税別)です。

<東京>子育て心理学「ココロ貯金®︎」アドバンス講座(再受講)

・[品川]2月15日(木)/2月16日(金)2日間で5,000円(税別)です。どちらかの1日でも5,000円(税別)です。

 

・[竹橋]2月17日(土)1日間で5,000円(税別)です。

<東京>子育て心理学「ココロ貯金®︎」マスター講座(再受講)

・[竹橋]3月10日(土)/3月11日(日)1日ごと5,000円(税別)となります。2日間では 10,000円(税別)となります。


 


 

 

 

大阪会場の再受講(各5,400円税込)


子育て心理学「ココロ貯金®︎」ベーシック講座(再受講)

・[新大阪]1月28日(日)1日間で5,000円(税別)です。


子育て心理学「ココロ貯金®︎」アドバンス講座(再受講)

・[新大阪]2月25日(日)1日間で5,000円(税別)です。


子育て心理学「ココロ貯金®︎」マスター講座(再受講)

・[新大阪]3月17日(土)/3月18日(日)1日ごと5,000円(税別)となります。2日間では 10,000円(税別)となります。