ブログ

●子どもの集中力を劇的に上げる方法

●子どもの集中力を劇的に上げる方法


こんにちは、東ちひろです。

 

 

今日は、よくある親子の会話です。

 

 

つい、こんないい方することないでしょうか?

 

母「集中して勉強しなさい」
子ども(小3男子)「・・・・」(無言)

 

母「集中すればすぐに勉強が終わるでしょ。それわかっているの?」
子ども「だって、すぐに他のことが気になるし・・・」(正直に言う)

 

母「そんなことだから、いつもダメだって言っているでしょ!反省しているの?」
子ども「・・・・」(不満げに無言)

 

母「自分で反省しないからダメなのよ」(子ども不在で独走状態)
子ども「だって、嫌になるもん」(本音で語る)

 

母「だから、あなたはダメなのよ。この先自分が苦労するのよ!」(たたみこみの術)
子ども「・・・・」(言い返せない)

 

母「ちゃんと自分時間を決めて、計画を立てなさい」(正論を言う)
子ども「でも、できんもん」(正直!)

 

母「自分でやると決めたらしっかりとやるのよ!」(精神論炸裂)
子ども「・・・・」(反撃あきらめの末終結)

 

 

 


いかがでしょうか?こんな言い方じつはよくやるんですね。

 

 

ママは、必死に子どもに正しさを教えようとガンバルけれど、その割には子どもは動かず。

 

 

まずね、子どもは精神論で集中することはありません。

 

でもね、、、面白いこと、楽しいこと、できることは集中できます。

ゲームやテレビが集中できる理由と同じ。

 

もちろん、勉強が面白い、楽しいになれば一番いいのですが、そんな簡単にはなりません。

 

 

そんな時にはね、子どもが嫌がらない間は、子どもの勉強する姿に声かけをします。

 

承認です。

目に見えたことをそのまま言葉にするだけでも承認になります。

 

人はね、承認されないと前に進めないのです。

 

 

だから、どれほどお尻を叩かれたとしても、進めません。

まあ、親が怖いと思えば、瞬間的に進むこともありますが、それだと毎日お尻を叩き続けることになりかねません。

するとね、、、最後には、、、

 

親がお尻を叩かないといつまでたっても自分から勉強する子にはならないのです。

 

 

無気力人間が完成します。

 

 

それでね、、、

 

 

それを中学校までやり続けると今度は、親への反撃として「オカン!ウザい!」と言われます

 

だから、小学生の間に、親もバージョンアップしないといけないのです。

 

子どもはね、「かーさん、もうちょっと学んでくださいよ。子育て心理学 ってあるでしょ!」と言っていますよ。笑

 

 

いまね、全国で子育て心理学インストラクターが「ココロ貯金入門コース」「ココロ貯金ベーシックコースを開催中です。

 

【募集中】

子育て心理学講座@東京・名古屋

 

【講座】

 

~ママと子どものやる気と自信を引き出す~

「子育て心理学講座」 東京・名古屋募集開始

 

【資格取得】ご興味がおありの方はこちら

リスト子育て心理学インストラクター

リスト子育て心理学カウンセラー

 

メール【メルマガ】ブログよりも優先的にお得情報ほぼ日配信中

 伸びる子のママになる12の秘訣

ラブレター【メルマガ】東ちひろが繁盛カウンセラーになる極意伝授

 人気カウンセラーになる12の極意
携帯【子育て電話相談 間限定募集!≫

 子育て心理学カウンセリング無料モニター

 

旗LINE@はじめました。

≪頑張るママの「心の癒し」がでできると大好評!≫

子育て心理学協会から、ココロ貯金を貯める子育てのコツ、ママのメンタル安定法、イベント情報などをお送りします。

▼お友達登録してくださいねヽ(^o^)丿

LINE ID @jjf8169h

友だち追加

 

 

子育て心理学

ココロ貯金®ベーシック講座@とちぎ:佐藤陽子インス…

佐藤陽子インストラクターの講座
講座名:ココロ貯金®ベーシック講座@とちぎ

 
 子育て心理学講座ココロ貯金®︎ベーシック講座
・”ぶれない自信”と”自分軸”をつくる 「ココロ貯金の法則」
・子どもの”やる気”と”自信”を引き出す 「話の聴き方」
・子どものやる気を引き出す! 「子育てコーチング」
・イライラ・迷いを一気に解消! 「子育て基礎知識」

●対象:子育て中のママ


●日程:

  第1回 10月16日(月)
  第2回 10月23日(月)
                   
   
●受講料:41,040円(2回分の授業料となります)
 

●場所 : 栃木市内(詳しくは、申し込まれた方にお知らせします)

 

●申込: こちらのブログから  



 


 
 <プロフィール>
satoyoko名前 佐藤陽子(さとうようこ)

所在地 栃木市

活動地域 栃木県
 

 栃木市で二人の男の子を育てています。 子どもたちへの一番のプレゼントは 「自己肯定感」~自分のことを大切な存在だと思えること~ をたっぷり持った人になるように 愛情をたくさん伝えていくことだと思います。 愛情をお子さんに伝わりやすい方法を教えてくださるのが 東ちひろ先生の「ココロ貯金Ⓡ」。 初めて「ココロ貯金Ⓡ」を知った時、 そのわかりやすさに感激しました。 私自身も「ココロ貯金Ⓡ」を学ぶことで、 子育てをより楽しめるようになりました。 また、インストラクターとして、「ココロ貯金Ⓡ」をお伝えする中で 学ぶママたちがどんどん元気になっていくのを実感しています。 「ココロ貯金Ⓡ」をお伝えして、 皆さんの笑顔あふれる子育てを応援したいと思います! ブログURL http://ameblo.jp/kirakira-2005-yoko

 

子育て心理学

ココロ貯金®入門講座@とちぎ:佐藤陽子インストラク…

佐藤陽子インストラクターの講座
講座名:ココロ貯金®入門講座@とちぎ

 
・ココロ貯金の法則

・子どもを伸ばす話し方・認め方

●対象:子育て中のママ
●日程:

   第1回 10月13日(金) 
   第2回 10月20日(金)
                   
●受講料:12,960円(2回分の受講料となります)
 

●場所 : 栃木市内(詳しくは、申し込まれた方にお知らせします)

 

●申込:こちらのブログから   

 



 <プロフィール>
satoyoko名前 佐藤陽子(さとうようこ)

所在地 栃木市

活動地域 栃木県
 

 栃木市で二人の男の子を育てています。 子どもたちへの一番のプレゼントは 「自己肯定感」~自分のことを大切な存在だと思えること~ をたっぷり持った人になるように 愛情をたくさん伝えていくことだと思います。 愛情をお子さんに伝わりやすい方法を教えてくださるのが 東ちひろ先生の「ココロ貯金Ⓡ」。 初めて「ココロ貯金Ⓡ」を知った時、 そのわかりやすさに感激しました。 私自身も「ココロ貯金Ⓡ」を学ぶことで、 子育てをより楽しめるようになりました。 また、インストラクターとして、「ココロ貯金Ⓡ」をお伝えする中で 学ぶママたちがどんどん元気になっていくのを実感しています。 「ココロ貯金Ⓡ」をお伝えして、 皆さんの笑顔あふれる子育てを応援したいと思います! ブログURL http://ameblo.jp/kirakira-2005-yoko

 

子育て心理学

【10月のスカイプ】怒らずに子どものやる気と能力開…

佐藤米夏インストラクターの講座
【スカイプ】怒らずに子どものやる気と能力開発ワークショップ

  
~自宅で気軽にできます。ワークショップで楽しく子育てを学びませんか?~
 
●対 象:子育て中のママ。ココロ貯金を子育てに取り入れたいママ

●日時:10月3日(火)11時〜 または 10月11日(水)10時〜

 

●受講料:2,160円(税込)
      
●場所:


ご自宅PC前(スカイプ環境が整っている方。お申し込み時にスカイプIDが必要です。)



●定員:3名

ブログ

◆お申し込みはこちら
  


 
子育て心理学

「ココロ貯金®︎」ベーシック講座@さいたま:佐藤米…

佐藤米夏インストラクターの講座
講座名:ココロ貯金®︎ベーシック講座@さいたま市
 

■子育て心理学講座「ココロ貯金®︎」ベーシック講座■


□場所  さいたま市南区
□開催日 

    第1日目 10月20日(金)
    第2日目 10月27日(金)

 

●定員:3名
 

ブログ

◆お申し込みはこちら

 

 子育て心理学インストラクター  佐藤米夏

お待ちしていますニコニコ

 

 


maika01名前  佐藤米夏   
所在地:さいたま市
活動地域:埼玉県および東京都   

 

ブログ:http://s.ameblo.jp/happiness-step-life
自己紹介
 子どもたち(1男3女)の成長とともに、毎日やらなければならないことが増え、余裕がなく笑顔も減ってきたガミガミ・イライラ子育てを「ココロ貯金®︎」で毎日笑顔いっぱいの楽しいHappiness子育てに変えることができました。
小学校受験も経験している、現役子育てママです。

育児に悩みや不安はつきもの。子どもたちの成長にあわせママもバージョンアップしていけるとよいですね。「自己肯定感を育てるココロ貯金®︎」はまさに子育ての羅針盤です。
子育てのコツを知るだけでも軸がブレにくくなります。

親子関係をより良い関係にされたい方、笑顔で子育てを楽しみたい方へ。
ココロ貯金でココロをハグして、Happiness育児をしませんか?
いっしょに子育てを楽しみましょう〜。

 

 
子育て心理学

「ココロ貯金®︎」入門講座@さいたま:佐藤米夏イン…

佐藤米夏インストラクターの講座
講座名:ココロ貯金®︎入門講座@さいたま市
講師名:佐藤米夏

 
■子育て心理学講座「ココロ貯金®︎」入門講座■

・ココロ貯金とは?
・話の聴き方とは?
・イライラ感情・不安感情との上手なつき合い方とは? 


□場所  さいたま市南区(武蔵浦和駅近辺)
□開催日 10月6日(金)  および 10月13日(金)

 

●受講料:12,960円(税込)(受講料、お茶代込み)

●定員:4名


ブログ
◆お申し込みはこちら

 

 

申込、お問い合わせ

 子育て心理学インストラクター  佐藤米夏

お待ちしていますニコニコ

 

 


maika01名前  佐藤米夏   
所在地:さいたま市
活動地域:埼玉県および東京都   

 

ブログ:http://s.ameblo.jp/happiness-step-life
自己紹介
 子どもたち(1男3女)の成長とともに、毎日やらなければならないことが増え、余裕がなく笑顔も減ってきたガミガミ・イライラ子育てを「ココロ貯金®︎」で毎日笑顔いっぱいの楽しいHappiness子育てに変えることができました。
小学校受験も経験している、現役子育てママです。

育児に悩みや不安はつきもの。子どもたちの成長にあわせママもバージョンアップしていけるとよいですね。「自己肯定感を育てるココロ貯金®︎」はまさに子育ての羅針盤です。
子育てのコツを知るだけでも軸がブレにくくなります。

親子関係をより良い関係にされたい方、笑顔で子育てを楽しみたい方へ。
ココロ貯金でココロをハグして、Happiness育児をしませんか?
いっしょに子育てを楽しみましょう〜。

 

 
子育て心理学

ココロ貯金®︎ベーシック講座@岐阜:志田美智代イン…

志田美智代インストラクターの講座
講座名:ココロ貯金®︎ベーシック講座@岐阜
講師名:志田美智代

●対象:子育て中のママ
●日程:

  第1回目 11月7日(火)もしくは11月14日(火)10時より13時

 

  第2回目 11月21日(火)もしくは11月28日(火)10時より13時 

  日程は申込み者の都合でご相談伺います。

●受講料:41,040円(2回分の授業料となります)

●場所 :岐阜市もしくは近郊
   (申込みされた方にお知らせします)

●定員4名 開催1名以上でやります。
●申込みはこちらから
 

shida名  前 志田美智代    
所在地   岐阜市  
活動地域  岐阜市近郊  

*プロフィール
子育て親育て学習ならおまかせ!
みっちゃんです。
私は好奇心がいっぱい。
学ぶの大好き。 
でも運動は嫌い。 その理由は「できないから」なんです。
パッと見では運動できない理由はわからないと思います。
でもその理解がされてないため「できない」気持ちを一人持ったままの
体育の時間。。。 「できない」という気持ちもちゃんとわかります。
小学校では「手をあげるといいのにね」
「積極的だといいのにね」といわれていましたが、
あるときの先生の一言から手をあげることができるようになりました。
「手をあげて立候補できるようになったね」 過程を認めてくれた先生の言葉です。

岐阜高校・岐阜大学教育学部にて幼稚園・小学校・中学校・高校の教員免許取得。 
結婚のため小学校教諭を退職後は家庭教師などの仕事もしました。 
パソコンをわが子が使うことをきっかけにMicrosoft office specialist(通称MOS)のWORD と
EXCELを勉強して資格もとりました。

だから「打つ」ことはできます。 仕組みはわかりません(笑)

でも、当時から学習することは好きだったんですね♪ 

2006年にくもん式教室を開設。
2年後には優秀新人賞。その後毎年表彰対象。
10年間で1300名以上の指導にあたりました。

現在は、岐阜市のアピタ岐阜店のすぐ西側の六条地域の三里校区。

三里小学校の西門前にある三里教室で
子供たちの教育に携わる仕事をしています。
校区を越えたお子さんが通ってきてくれています。 

子供たちが自分で生きる力をはぐくんでいってほしいと願っています。

「わかる」と「できる」は違う。 
「自分で考えて動ける子に」という願いのもと日々の指導に当たっています。

そんな子供たちを送りだすお母さんの笑顔のために
今度は「子育て心理学」を通して 子育てのコツを伝えさせていただきます。

入り口はさまざまですが、

「出口」はみんなが笑顔であること。

そして、このたくさんの引き出しから 

目の前にいる「あなた」に

「最適」と感じていただける学びを提供します。

みっちゃんの講座は笑いと笑顔がいっぱい。 合格
ぜひ私に逢いにきてくださいね。

 

 
ブログ

●上の子が下の子にちょっかいを出す時の処方箋

上の子が下の子にちょっかいを出す時の処方箋

 

こんにちは、東ちひろです。

 


上の子が下の子にちょっかいばかりかけると、親としてはイライラしますよね。

下の子は何もしていないのに、物を取ったり、「ウザい」とけなしたり・・・

この悩みは、私の子育て相談でも大変多い内容です。


まず、知っていただきたいのは、きょうだいはママを取り合うライバル関係にあるという事!

 

もちろん、きょうだいが仲良しこよしの場合は、ライバル関係とは言えませんが、すぐにケンカになるのなら、お互いへの嫉妬が見え隠れします。

さて、そんな時はどうするか?

この場合は、あきらかに上の子が悪いことをしていたとしても、上の子ばかりを責めてしまうと、上の子が不満をもつようになります。

上の子は、「お前(下の子)のせいで、ママに怒られた」としか思いません。

たとえ、自分が100%悪かったとしてでもです。

ケンカをする前から、下の子への嫉妬があるので、ちょっとしたことでも下の子を攻めてしまいます。

「そこまで、やらなくてもいいのに・・・」と思うくらいです。

こんな場合は、上の子を厳しく叱るだけでは、その場限りに終わります。

『子育てのモグラたたき状態』です。

そんな時は、きょうだいケンカを「していない時」の対応が大切なのです。

まずは、上の子が比較的落ち着いているときに、「ふんふん」「へ~」「ほ~」「なるほどね~」「それで?」と聴き役に徹してくださいね。

ママの話の聴き方次第で、子どもの心がググッと安定してきます。

心が安定してきたら、「きょうだいケンカはやめなさい!」と言わなくても、自然とケンカの回数が減ります。


 

 

【講座】

 

~ママと子どものやる気と自信を引き出す~

「子育て心理学講座」 東京・名古屋募集開始

 

【資格取得】ご興味がおありの方はこちら

リスト子育て心理学インストラクター

リスト子育て心理学カウンセラー

 

メール【メルマガ】ブログよりも優先的にお得情報ほぼ日配信中

 伸びる子のママになる12の秘訣

ラブレター【メルマガ】東ちひろが繁盛カウンセラーになる極意伝授

 人気カウンセラーになる12の極意
携帯【子育て電話相談 間限定募集!≫

 子育て心理学カウンセリング無料モニター

 

旗LINE@はじめました。

≪頑張るママの「心の癒し」がでできると大好評!≫

子育て心理学協会から、ココロ貯金を貯める子育てのコツ、ママのメンタル安定法、イベント情報などをお送りします。

▼お友達登録してくださいねヽ(^o^)丿

LINE ID @jjf8169h

友だち追加

 

 

ブログ

●運動会のお礼はどうする!?

●運動会のお礼はどうする!?

 

この時期、気になる方が多いのが、このワードのようです。

 

「運動会」「お礼」

 

運動会が終わった後、「先生にどうお礼をしたらいいか?」と悩む方も多いようです。

 

 

 

その昔は、「先生にプレゼント」なんてことも出来ましたが、今、それをすると先生は断ります。

 

断るというのは、「迷惑です」「断る手間が増えます」ということ。

 

それではわが子の印象も台無しです。

 

 

 

そんな時には、先生にお手紙を書いたり、連絡帳にお礼文を書きましょう。

 

お母さん業同様、先生も人に認められない職業です。

 

先生は、やってくれて「当たり前」、落ち度があれば「先生の責任」になります。

 

ね、お母さん業と同じでしょ。

 

 

そこで、一番手軽な方法は、連絡帳にひと言お礼を書いて伝えます。

 

たとえば

 

「いつもお世話になっています。運動会ではいろいろとありがとうございました。先生のおかげで息子も無事運動会を終えることができました。一生懸命〇〇をする姿を見れてとてもうれしかったです・・・・・・・・・・・・・(あとは考えてね)」

 

↑「下線部」は定番の決まり文句です。

 

 

 

先生は超多忙ですから、ラブレターのように便箋や連絡帳に何枚も書いちゃダメですよ。

 

相手の立場を考えましょう。

 

 

 

先生は、通常の授業がありますよね。

 

それプラス運動会の準備・子どもの指導があります。

 

だから、とってもハードなんです。

 

残業代もございませんよ。

 

 

ぜひ、自分がされてうれしいことは、他の人にもやってみましょう。

 

わずかな時間で、先生との信頼関係がグッとよくなりますよ。

 

 

 

 

 

【講座】

 

~ママと子どものやる気と自信を引き出す~

「子育て心理学講座」 東京・名古屋募集開始

 

【資格取得】ご興味がおありの方はこちら

リスト子育て心理学インストラクター

リスト子育て心理学カウンセラー

 

メール【メルマガ】ブログよりも優先的にお得情報ほぼ日配信中

 伸びる子のママになる12の秘訣

ラブレター【メルマガ】東ちひろが繁盛カウンセラーになる極意伝授

 人気カウンセラーになる12の極意
携帯【子育て電話相談 間限定募集!≫

 子育て心理学カウンセリング無料モニター

 

旗LINE@はじめました。

≪頑張るママの「心の癒し」がでできると大好評!≫

子育て心理学協会から、ココロ貯金を貯める子育てのコツ、ママのメンタル安定法、イベント情報などをお送りします。

▼お友達登録してくださいねヽ(^o^)丿

LINE ID @jjf8169h

友だち追加

 

 

ブログ

●新学期の行き渋りはどうしたらいいですか?

●新学期の行き渋りはどうしたらいいですか?

 

こんばんは、子育て心理学協会 東ちひろです。


夏休みも終わり、いかがお過ごしでしょうか。

 

最近は、『新学期に子どもが「学校に行きたくない」と言ったら、無理に登校させずに休ませましょう』とあちこちで言われていますね。

 

 

これは、「正解」でもあり、「不正解」でもあります。

 

 

 

なぜかと言うと、これには子どもの状態が考慮されていません。

 

すべての子どもを休ませた方がいいのか?

 

親ができることはないのか?

 

そのあたりが議論されていませんよね。

 

 

私がこのことを書く理由は、多くのママがこの時期に「子どもが行きたくない」と言ったらすごく迷うだろうなと感じたからです。

 

「学校に行きたくない」と言われて、すぐ学校をお休みさせるというママは少ないのでは?と思いますが、そのさじ加減に迷うママも多いはずです。

 

 

じつは、このさじ加減は、子育て心理学「アドバンス講座」でお伝えしている内容なのですが、、、

 

 

少しだけ。

 

 

・学校があまりにもツライ場所であれば、危険な場所であれば、それは無理に登校する必要はないです。

 

本来の学校は、安心で安全な場所だから。

 

それよりも、そのツライ学校、危険な学校にどう対応したらいいのかを考える必要はあります。

 

でないと対処療法に終わります。

 

とはいえ、それを考えている間にわが子は毎日登校するわけですから、安全な家庭にてお休みする方がいいです。

 

その場合は、学校に行っても何もいいものは生まれません。

 

むしろ、傷つくだけなんですね。

 

 

 

親が迷う件としては、そこまで学校が大変な状況ではない気がする

 

でも、子どもは行き渋るという時。

 

そして、多くのママは「休むとクセになりませんか?」と言われます。

 

 

 

で、子どもの立場で言うと・・・

 

本当は、学校に行きたくない理由がある場合が多い。

 

でも、それを言うと誰かが嫌な思いをすると感じて、理由を言わない子もいます。

 

子ども自身もうまく言葉で表現できないけれど、登校できない状態があります。

 

 

そんな子は優しい心の子どもです。

 

人の心を察する力がある子どもです。

 

だから、苦しいわけです。

 

 

 

じゃあ、子どもに「学校に行きたくない」と言われたら、、、、

 

この機会に、何が行けない原因なのか、ちょっと思案してみます。

 

 

・単に夏休みの家庭が快適だったので、暑い学校に行きたくない

 

・運動会の練習、水泳のテストなど「嫌なこと」があるから行きたくない

 

・宿題が終わっていないから行きたくない

 

・1学期に嫌いだった子と会いたくない

 

・実は、先生そのものが嫌だった

 

・家庭の中で心配な人がいるから、その人を置いて行けない

 

・発達の偏りによる、に不適応傾向がある

 

 

まあ、原因は1つではなくいくつかが複合しています。

 

で、そこからママは何をしたらいいのでしょうか?

 

 

もう、0歳児を無理矢理保育園に連れていくようなことはできませんよね。

 

ここからは原因追及だけではなく、まずが「今までに家庭の中で出来ていないことは何か?」と考えます。

 

 

厳しくするだけで、親の愛情は伝わっていたかどうか?

ココロ貯金充電期チャンス

 

■仕事(介護)が忙しくて、親の愛情が伝えっていないのではないか?

ココロ貯金充電期チャンス

 

勉強がわからずに困っていたのではないか?

親が丁寧に、怒らないで勉強を教えるチャンス

 

発達の偏りがあることで、学校に不適応が起きていなかったか?

子どもの得意・不得意を考慮した子育てに切り替えるチャンス

 

運動などで苦手なことを抱えたままではなかったか?

ママと一緒に体を動かすチャンス

 

クラスの中で、人を傷つける子はいなかったか?

学校と連携を取りながらチーム支援をするチャンス

 

 

つまり、少なくとも、今までのやり方でうまくいかなくなってきたわけで、それを子どもが教えてくれています。

 

教えてくれなかったら、たいていそのままでGOしますから。

 

 

となると、単に「休まてもいいのか」「悪いのか」ということではなくなります。

 

 

子どもは、親への表現方法が乏しいです。

 

だから、親にとってわかりやすい言い方はしてくれません。

 

わかりやすい表現をしてくれないから、、、

 

親は悩むでしょ、迷うでしょ、考えるでしょ、

 

一体どうしたらいいのか!?って。

 

 

 

じつは、子どもは「その悩む時間、迷う時間、考える時間」を与えてくれています。

 

その時間を通じて、親の器を広げてくれています。

 

 

子どもが「学校行きたくない」と言ったら、それは今までの慣れ親しんだ子育て法、概念、常識を見直するチャンスです。

 

子どもがそれを体を張って教えてくれています。

 

 

子どもってエライのです。

 

【講座】

 

~ママと子どものやる気と自信を引き出す~

「子育て心理学講座」 東京・名古屋募集開始

 

【資格取得】ご興味がおありの方はこちら

リスト子育て心理学インストラクター

リスト子育て心理学カウンセラー

 

メール【メルマガ】ブログよりも優先的にお得情報ほぼ日配信中

 伸びる子のママになる12の秘訣

ラブレター【メルマガ】東ちひろが繁盛カウンセラーになる極意伝授

 人気カウンセラーになる12の極意
携帯【子育て電話相談 間限定募集!≫

 子育て心理学カウンセリング無料モニター

 

旗LINE@はじめました。

≪頑張るママの「心の癒し」がでできると大好評!≫

子育て心理学協会から、ココロ貯金を貯める子育てのコツ、ママのメンタル安定法、イベント情報などをお送りします。

▼お友達登録してくださいねヽ(^o^)丿

LINE ID @jjf8169h

友だち追加