田村志織(たむらしおり)

 

活動地域:香川県 四国全域~岡山県、東京  
所在地:香川県高松市 

 

ブログ:子育てが苦手、と感じるママに贈る「子育てのしおり」

 

★プロフィール★

<<絶望していた子どもとのかかわりを取り戻し、笑顔で子育てできるようになりました≫

子どもが言うことを聞かない。
すべて指示待ちで、覇気がない。
泣き始めたら2時間でも全力で泣き叫ぶ。
嘘が多い。
兄妹喧嘩が酷い。
友だちとのトラブルが多い。
学校も行き渋る。

半年前の私の悩みです。

いつも暗い表情をしていました。生きるのが本当につらかった。

朝起きたら、また朝が来てしまったかと、絶望的な気持ち。みんな、起きなきゃいいのに。

私の子はなんでこんなに手がかかるの?ハズレくじを引いた。

私の一生はこれがずっと続くの?

私ははっきり言って、お勉強ママでした。

子どもが生まれてから天才児にすると銘打った高額な教材を買い漁り、人が良いよ、というものには飛びつき。~であるべき に がんじがらめで その枠に子どもがはまらないということは私には許せなかったのです。

というのも、それは私が 超難関大学を受験するような高校生を指導する数学塾を経営し、指導していたから、ということが大きいと思います。

毎年教え子たちが何人も何人も東大や京大にポンポン入っていく私の中では、重要な価値基準は 出来る か 出来ないか。

た、夫もとても優秀な人で、私も勉強するのが好き。日々、何かにつけ努力することなんてあたりまえじゃないの。

それなのに。私の子は… 出来ないことしか、ない。

私のそれが間違っているのは頭ではわかってる…でも、子どもの頃から努力して生きる、ということしか知らない私に、子どもの相手は、本当に耐えがたいものだったのです。

巻き起こる一つ一つの事象に対して怒りで対処し、子どもは泣き叫び、その声に耐えられない私は思わず手が出しました。もう日常茶飯事過ぎて、子どもの頬を平手でたたいても、もう…、罪悪感は、なくなっていました。

もう…、だめだ。

それでも何とか。何とかしたくて。

子育て心理学協会の門を叩いたのです。

東先生に直接お話を聴いてみよう。

夜な夜なZOOMでお話を聴き、聴いていただき。学びの仲間もでき。実践してみました。 すると…

あまりにもあっさりと。

子どもが変わったのです。

あんなに、やる気なさそうにしていた息子が、生き生きと友達と関わり、屋外で遊ぶようになり、することないからなんて言いながら進んで先取りの勉強をするようになりました。

学校からは「あー楽しかった!」なんて言いながら帰ってくるようになりました。

兄妹喧嘩も以前よりは減ったように思います。

そして何より私が変わりました。

あんなに、子どもに対して怒った顔しか見せられなかった私が、 笑顔で行ってらっしゃい!そして心からのハグ。

心から…子どもを愛おしいと思えるようになりました。

リビングは朝から笑い声が響きます。

この変化を胸に、私はインストラクターとしての活動も始め、日々ブログを更新するようになりました。反響はすさまじく、たくさんの人が私の話を聞きたい、そして悩みを聞いてほしいと言ってもらえるようになりました。

私はベーシックから始め、アドバンス、マスター、インストラクター、カウンセラーととにかく続けざまに受けていきました。

継続的に学ぶことにより、子育て心理学が骨の髄まで浸透してきました。 ここまで続けてこられたのはひとえに東先生や先輩、ともに研鑽し、支えてくれた仲間、そして 夫と。

この学びに導いてくれた 二人の子どもたちのおかげです。

悩んでいる渦中のお母さん、本当に辛いと思います。

でも、自信を持って言えます。

大丈夫!

お子さんも、あなたも… 絶対に、変われます!!

一緒に、学びましょう!!

田村志織(しおりん)