鈴森あかり(すずもりあかり)

 

活動地域  オンライン 十勝地方 帯広市 札幌市

所在地  十勝・帯広  

 
〇自己紹介〇

北海道十勝在住、 教員生活20年、出会った子どもは、1000人以上、特別支援学級にも携わってきた 元小学校教員の鈴森あかりです。

敏感な長女とやんちゃな長男、まだまだ手がかかる、二人の子どもを育てている、現役子育てママでもあります。 長年、低中高学年、それぞれの学級担任を務めてきました。

そして、最後にたどり着いたのが特別支援学級の担当でした。

私は、特別支援学級で発達の見取りを勉強してきました。
成長途中の子どもは、全員、発達が未熟です。

また、どの子も生まれながらに発達の得意な所と苦手な所を持ち合わせています。
子どもの発達を適切に見取り、それぞれの子どもの発達に合わせた関わりはとても大切な事です。

しかし、世のお母さんが、子どもの発達を勉強する機会は、とても少ないのです。
ですから、我がまま放題に見える子どもや、ちっとも言う事を聞かない子ども、何度も同じ事を繰り返す子どもを見て、「何故、そうなるのか。」子どもの行動や言動が理解できずに、困ってしまうのです。 厳しくして良いのか、優しくして良いのかわからぬまま、子どもに振り回されて、イライラを募らせているお母さんが、本当に多いと感じています。

そういう私も、実は、二人の子どもの子育てには、手を焼きました。

上の子の敏感さも、下の子のやんちゃ加減も、自分の知識と実際の子育てとでは、かなりの差がありました。 「自分が思ってたように、子育てが、できない!」そう悩み、たくさんの書籍を読み漁りました。そこで出会ったのが、「子育て心理学」です。

それからは、持ち前の探求心で、脳の発達や男女の脳の違い、発達の苦手、発達の過程、発達の見取りを、もう一度、勉強し直しました。

私は、「子どもが、何故、そうなるのか?」行動や言動の理由が、知りたかったのです。 学びを通して、子育ては、「怒る以外の方法でやる気を引き出し、自分が好きと思える子ども(協会理念)」を育てる事が大切なのだと深く認識しました。

発達をサポートするアプローチは、ママのイライラを減らし、「怒り過ぎ」による弊害を回避する事ができます。

「ココロ貯金」による、アプローチは、自分が好きと思える自己肯定感の高い子どもを育てる事ができます。このWのアプローチで、我が家の敏感な長女は、自信を持って物事に取り組み、失敗を恐れず挑戦できる子になりました。

やんちゃな長男は、勝手気ままな行動が減り、行動をコントロールできるようになってきました。我が家の姉弟は、とても仲が良く、それが、私の自慢でもあります。適切な関わりをすると、兄弟の仲が良くなる事を身をもって体験しました。

現在、私は、「うちの子どうしてこうなの?」と、子どもに、イライラを募らせているお母さんに向けて、講演活動や講座の開催をさせて頂いております。
最近では、発達支援センター等、子どもの発達を見つめる現場からのオファーを頂くようになりました。

また、対面だけではくオンラインを通して世界中のママのお悩みを聞いております。
講座や子育て相談終了後も、お茶会やLINEを通して、学んだだけで終わらずに、深く繋がりサポートをしていけるように努めています。

又、リピート率90%の「理由のわかる子育て相談」は、ママのイライラに寄り添い、子どもの発達の苦手を一緒にサポートしていきます。

「子育てに対する考え方が変わった」
「子育てが楽しくなった」
「今すぐ始められそうな方法を教えてもらった。」

と、こちらも好評を頂いています。

発達段階別「子育てレシピ」と題したブログでは、子育てのヒントになるように、発達に寄り添う子育ての情報を発信しています。

鈴森あかり



ブログ : 発達段階別子育てレシピ公開中!怒らず子どものやる気を引き出す子育て心理学

 



~ 活動風景 ~