●子育ての歴史は「あきらめの歴史」です

●子育ての歴史は「あきらめの歴史」です

LINEで送る
2018年04月06日(金)8:48 AM

●子育ての歴史は「あきらめの歴史」です

 

こんにちは、東ちひろです。

 

お子さんがうまくできないことは「不得手な部分」です。

 

 

 

でもね、この不得手(弱点)克服だけに邁進すると、労が多い割には、芽が出にくいです。

 

多くの場合は、疲労困憊してしまします。

 

 

不得手部分は、あえて片目をつむって子育てしましょう。。。

 

時には両目をつむることも必要です。

 

ちなみにわたしの子育ての歴史は、あきらめの歴史(笑)

 

 

 

こちらが望んだように、子どもは大きくなりません。

 

でもね、きっちりとココロ貯金を貯めておくと、想定外のところが出来るようになります。

 

私が出来ないPC操作を息子が出来たり、安定思考の母に似ず、自由奔放な娘になったり・・・

 

まあ、こちらが望んだようにはちっともなりませんねえ(汗)

 

 

 

子供をチューリップに例えてみます

 

あなたは赤色が好き。

 

だから、子供は赤色のチューリップに育ってほしいと切望します。

 

でもね、わが子が赤色の球根かどうかはわかりません。

 

たとえば、想定外の「黄色」の球根ってことがよくあります。

 

オレンジだったりピンクだったり紫や白もありますね。

 

つまり色の種類は選べないわけです。

 

でね、親ができることは、その球根を土に埋めて、水と太陽の光を当てることだけなんです。

 

そうするとわが子は春になるとスクスクとチューリップの花を咲かせてくれます。

 

黄色のね。

 

 

でね、じつは!

 

もっと残念なことがあるのです。

 

花によっては最後まで咲かずに終わる花がありますよね。

 

つぼみはつけたけれど、花は開いていかない、、、

 

親としてはソコだけは避けたいところ。

 

 

 

親ができることは、セッセとわが子に水と太陽の光を当てること。

 

ちょっと切ないけれど、自分もそうして大きくなったわけですね。

 

どんな色のチューリップが咲くかはお楽しみ♪

 

案外、自分とは違って、新種のチューリップかもしれませんよ。八重もありますね。

 

色だって、自分の想定外の色なんてこともあるわけね。

赤色でも黄色でもないということもアリです。

どちらかに決めるという思考そのものが固いわけ。

 

 

【子育て心理学講座】
 <東京会場>子育て心理学ベーシック講座(7期)

  5/13(日)
 

 <オンライン>子育て心理学ベーシック講座(1期)

  4/6(金)~4/8(日) 【満席】

 <オンライン>子育て心理学ベーシック講座(2期)

  5/3(木)~5/5(土) 【募集中】

 

 <オンライン>子育て心理学アドバンス講座

 4/28(土)~4/30(月) 【残

 <オンライン>子育て心理学アドバンス講座

  5/7(月)5/10(木)5/11(金) 【募集中】

 

 【子育て心理学講座】東京

 

 <名古屋文化短大オープンカレッジ>

 「新学期から子どものやる気と自信を引き出す極意」

 4/14(土)

 <ランチ会>

 「子育てのコツがわかる!ハッピーランチ会」

   4/15(日) 東京品川 【残僅】

 

 【資格取得】ご興味がおありの方はこちら

  子育て心理学インストラクター

 子育て心理学カウンセラー養成講座

 

怒りんぼママから卒業し子供のやる気と自信がグングン伸びる!

≪無料メール講座≫

『子育ての正解』

 

 【メルマガ】東ちひろが繁盛カウンセラーになる極意伝授

 人気カウンセラーになる12の極意


 【子育て電話相談】

 4月受付中

 

 
【新装版】好評発売中!

お求めはこちらからお願いします

 

 LINE@はじめました。

≪頑張るママの「心の癒し」がでできると大好評!≫

子育て心理学協会から、ココロ貯金を貯める子育てのコツ、ママのメンタル安定法、イベント情報などをお送りします。

▼お友達登録してくださいねヽ(^o^)丿

LINE ID @jjf8169h

友だち追加

 

 


  |  




メニュー

  • トップページ
  • 子育て心理学代表理事 東ちひろ プロフィール
  • 子育て電話相談
  • 体験ママの声
  • 子育て心理学講座
  • 養成講座へのご質問
  • 子育て心理学インストラクター一覧
  • 子育て心理学協会概要
  • お問い合わせ、講演・執筆依頼
  • 協会会員専用ページ

ブログカテゴリー

商標について